« 1月5日早割締切:ハーバード社会起業大会や米国学生就職志望ランキング1位に躍進したNPOを知る旅 | トップページ | 1月5日(木)早割締切:「なぜハーバードは社会起業に熱いのか?」「なぜ学生就職志望ランキング全米1位にNPOが躍進したのか?」 »

2012年年始のご挨拶

Img_3500_500

新年 明けましておめでとうございます。

本年もよろしくお願い申し上げます。

さて、今朝(2012/1/3)の日経朝刊にて「C世代駆ける」として、社会起業家特集が組まれております。

駒崎弘樹さんや山崎大祐さんら仲間たちが掲載されている事のうれしさもひとしおでしたが、「就職したい先の全米1位になった」とNPOティーチ・フォー・アメリカが紹介され、時代がどんどん来ていることに、私は感無量にならざるを得ませんでした。

このブログで紹介する時代の潮流の先駆けをご覧くださっている方々との対話のあり方や、ひいては時代のプロデュースの方法で、今朝の記事の出現を拝見して、私は手応えを感じました。

「日本を変えたい。先人たちにも将来の世代にも、今の日本のあり方は申し訳ない。日本が変われば、世界も変わる。」 と、私自身は2003年1月に起業しました。

公では、2003年ほとんど日本で知られていなかったマニフェストという概念を広めようと東京財団マニフェスト研究会で北川正恭早大大学院教授らを講師にお招きした研究会で知見を開発、発信してきました。

あいにく民主党政権はマニフェストでいわば偽装をされて政権交代されたのですが、その後大阪維新の会の躍進はマニフェストを正しく使用して行っており、平和的な革命ツールとしてのマニフェストの意義の理解が広がっています。

そして、民では、社会起業家という概念を広めたいと、Wikipediaの社会起業家の日本で初の設定や、セミナー講師やスタディツアーなど普及啓発活動に従事してきました。自らリスクを取り障がい者就労事業も創造してきました。

2006年は社会起業家元年と言われましたが、その後一過性のブームではとの意見も増えました。

ですが、世界の潮流としては営利と非営利の融合へ向かいつつあります。「人の為に働く」「社会を変える為に働く」モチベーション3.0の視点はアップル、グーグル、フェイスブック等の世界の先進企業でいかんなく発揮され、社会起業家もモチベーション3.0というOSで動いています。

年始の日経新聞にて社会起業家が特集される事は、やはり世界の潮流のように、社会起業家の重要性の認識や、営利と非営利が融合する新しい資本主義への脱皮が日本でも進んでいくものと考えられます。

【モチベーション3.0】
Img_3504_500

一方、悲劇でしたが、昨年1月に目白駅で転落事故で亡くなった全盲の視覚障がい者の武井実良さんの追悼記事、並びに引き続く記事では、駅のホームは「欄干のない橋」と視覚障がい者や盲ろう者は命がけで日々歩いており、酔ったサラリーマンや走り回る子供たちにもハイリスクであると当ブログにてまっ先に指摘しました。ツイッターや多くの新聞やテレビでも指摘が広がり、ホームドア設置は国策になりました。

このブログで問題提起して来た事が、結果として社会の変化の先駆けを現して来ていると私は感じます。

革命は未だ道半ばです。いや、まだ始まったばかりが現実と思います。

昨年11月の大阪ダブル選挙は象徴的であったと感じます。

2011年11月29日にフェイスブックに私は以下のように記しました。

(以下、引用です)

「桜田門外の変」と大阪の選挙は似ている。本来盤石の警護で、討たれるはずのない井伊大老が討たれ、江戸幕府はこんなものかと権威を失墜し、倒幕への分水嶺に。先の大阪市長選は、民・自・共が組み、絶対負けないはずだった。これを機に既成政党の権威は一層失墜する。人々の心に火がついたのである。

(引用終わり)

3年後、そして10年後には大きく日本、そして世界は姿を変えていると思われます。

乱世です。いばらの道です。しかし、新しい考え方が広がりやすいチャンスでもあります。

戦略的思考と起業家精神が日本を救います。

【戦略的思考と起業家精神 - 20歳のときに知っておきたかったこと スタンフォード大学集中講義】
Img_3502_500

日本人は、失われた20年においてリスクを忌み嫌うようになりました。

ですが渋澤健さんも指摘されているように、明治時代に日本に資本主義が入って来た時は、ライブドアやエンロン騒動を彷彿させるような荒々しさも日本人は持ち合わせていました。戦後日本、松下やホンダ、ソニーに代表されるように、猛々しさ(たけだけしさ)を依然日本人は持っていたのです。

あの猛々しさを、勇敢な気持ちを、いつから日本人は忘れてしまったのでしょう。

「新しい事をどうやったら生み出せるのか」という戦略的思考と「自分がやらねば」という起業家精神は、人々の精神的健康を取り戻し、疲弊した経済を復活させ、政治を一新し、自然とも共に生きる持続可能な社会への道を開きます。

"Whatever you can do, or dream you can, begin it.
Boldness has genius, power, and magic in it."
(Goethe)

「何であれあなたができること、
またはできると夢見る事は、始めよ。
大胆さは英知と、力と、魔法を秘めている。」
(ゲーテ)

|

« 1月5日早割締切:ハーバード社会起業大会や米国学生就職志望ランキング1位に躍進したNPOを知る旅 | トップページ | 1月5日(木)早割締切:「なぜハーバードは社会起業に熱いのか?」「なぜ学生就職志望ランキング全米1位にNPOが躍進したのか?」 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31850/53643093

この記事へのトラックバック一覧です: 2012年年始のご挨拶:

« 1月5日早割締切:ハーバード社会起業大会や米国学生就職志望ランキング1位に躍進したNPOを知る旅 | トップページ | 1月5日(木)早割締切:「なぜハーバードは社会起業に熱いのか?」「なぜ学生就職志望ランキング全米1位にNPOが躍進したのか?」 »