« 3月16日夜の新宿での国内勉強会を中止します。 | トップページ | 今夜19:00- ネット中継 米国就職志望ランキング1位のNPOを訪問したスタディツアー 帰国勉強会 »

(ご検討のお願い)被災地のNPO/NGOの方々が、海外から寄付を得る為に

(転送歓迎します。)

皆様

東日本大震災で被災された方々や、そのご親族、
ご関係者へ、心からお見舞いを申し上げます。

今回の震災は、明治以降の記録にある中で
最大級とされ、そして復興に向け
日本国内のみならず、
海外からも多くの支援表明が
被災地へ寄せられています。

一方、先日、在米研究者の大西たまきさんからの
貴重な速報がありましたように、
「日本は世界第三位の経済大国であって、
あまり寄付をしなくてもよいのでは」との
論調も、残念ながらアメリカではあるようです。

米国の非営利団体の募金活動が低調、東日本大震災(CNN)
http://www.cnn.co.jp/business/30002199-2.html

「先進国」「犠牲者少数」というイメージが障害に(日経ビジネス)
http://www.nikkeibp.co.jp/article/news/20110320/264368/?top_f2

ですが、その一方で、アメリカのネイティブの方から
「東北のNPO/NGOに、直接寄付をしたいです。
できれば赤十字のような巨大組織でないところを希望します」との
ご連絡を頂きました。

潜在的には、このように日本の市民セクターの
広がりに期待する声は、国際社会に多くあるのではと思います。

そして、この方からは「ペイパル (Paypal、後述) で
ウェブから国際送金が容易なので、ぜひ
ペイパルが使える団体を教えてください」ともご要望を頂きました。

日本社会に、ペイパルはようやく浸透を始めたばかりであり、
日本のNPO/NGOでは、ウェブ決済できるペイパルを
設定されている団体は、まだ少ないかもしれません。

被災地のNPO/NGOの方々は、今とてもウェブをする時間が
取れない、というご苦労もあろうかと思いますが、
恐れ入りますが、下記の案内は、図を多用して
わかりやすいものとの事ですので、ぜひ
団体の資金調達のパイプを一層強める為に、
今回、ペイパルの設定をお願い申し上げます。

==================================
「初めての方の Paypal の簡単説明書!!」
http://paypal.siyo.org/
==================================

以下の通貨に対応しているとの事です。
カナダドル / ユーロ / 英ポンド /
米ドル / 円 / オーストラリアドル /
ニュージーランドドル / スイスフラン /
香港ドル / シンガポールドル /
スウェーデンクローネ /
デンマーククローネ / ポーランドズロティ /
ノルウェークローネ / ハンガリーフォリント /
チェココルナ / イスラエルシェケル / メキシコペソ /
ブラジルレアル(ブラジル会員のみ) /
マレーシアリンギット(マレーシア会員のみ) /
フィリピンペソ / ニュー台湾ドル /タイバーツ

ペイパルの設定が終わりましたら、ぜひこのMLか、田辺宛
(fwgd1350@nifty.ne.jp) のメールにでも
ブログのURL等で共有頂けましたら、幸いです。
(HPの英語化はされなくとも結構です。震災後、多くの
翻訳ボランティアの方々が、東京や世界各地で挙手されています。)

【ご注意のお願い】
口座番号をメール上で書くよりも、ブログやHPにまず記述後、
そのリンクのご案内をお願い申し上げます。と申しますのは、
メールの転送中に、途中もし詐欺の意図のある人がいると、情報が
書き換えられる懸念があり、何卒、ご理解とご協力をお願い申し上げます。
リンク(URL)の記述ならば、寄付先の情報を改ざんされずに、読み手が理解できます。

被災地のNPO/NGOとやりとりがあり、ご自身は被害少なく、ITに親しまれている方で、
もし、やりとりしている被災地のNPO/NGOの方々がITが苦手の場合、
ぜひ、このメールを転送等されて、
何卒、遠隔支援をして、ペイパルの設定のサポートを頂けましたら、幸いです。

私自身は、1993年の北海道南西沖地震、そして
http://fp.cocolog-nifty.com/se/2007/01/post_96f1.html

1995年の阪神淡路大震災にて、
http://fp.cocolog-nifty.com/se/2007/01/post_7180.html

震災直後から被災地に飛び、災害ボランティアに従事してきました。
(上記のリンクは現地の様子です。)

今回、あいにく私は仕事の為に
被災地入りがなかなかできませんが、上記の情報を
ご案内する事で、少しでも被災者の方々へ届けばとの思いです。

最後になりますが、
今回の空前の震災に対し、上記の奥尻や、神戸の震災で、
現地や後方支援のボランティアで尽力された
市川裕康さん、井上英之さん、坂本文武さんらを初めとした方々も
当時の熱い気持ちがよみがえり、今回、フェイスブックやツイッター等、
ソーシャルメディアで活発に発信されたり、現場で汗をかかれています。

今後、私も、被災地支援を促進、加速できたらと思っております。

よろしくお願い申し上げます。

【追記】
愛媛県松山市にあるNPO法人ユニバーサルクリエートさんが
ペイパルを今回の震災募金に導入されたのを発見しました。
http://enmusubi.biz/uc/shop/sbct.php

田辺 大

|

« 3月16日夜の新宿での国内勉強会を中止します。 | トップページ | 今夜19:00- ネット中継 米国就職志望ランキング1位のNPOを訪問したスタディツアー 帰国勉強会 »

社会起業家」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31850/51175375

この記事へのトラックバック一覧です: (ご検討のお願い)被災地のNPO/NGOの方々が、海外から寄付を得る為に:

« 3月16日夜の新宿での国内勉強会を中止します。 | トップページ | 今夜19:00- ネット中継 米国就職志望ランキング1位のNPOを訪問したスタディツアー 帰国勉強会 »