« 2/16 新宿、2/20 大阪:米国学生就職志望ランキング1位のNPOを訪問予定のスタディツアー 国内勉強会のご案内等 | トップページ | 京三製作所はJR東日本の可動式ホーム柵設置前倒しを材料に続伸 »

ホームドア検討会:初会合 総合対策の必要性確認

(以下、引用です。)

ホームドア検討会:初会合 総合対策の必要性確認

http://mainichi.jp/select/wadai/news/20110210k0000m040089000c.html

 駅のホームからの転落事故防止を目指し、国土交通省と東日本の鉄道事業者らがホームドアの整備促進などを考える検討会の初会合が9日、省内で開かれた。事業者からは、コスト負担や技術的な課題を理由に急速な整備率向上の難しさを訴える意見が相次いだ。このため、ホームドアに限定せず、ドアの部分だけ開いている固定式ホーム柵の設置や係員増員など総合的な安全対策の検討を進めることで一致した。

 会合では、JR東日本や大手私鉄など15事業者が(1)多額の経費負担(2)列車ごとのドア数の相違(3)停車時間の増加によるダイヤ遅延への懸念--などを挙げ、ホームドアの整備が進まない現状を報告。国の支援策充実を求める声も上がった。

 検討会は視覚障害者を含む利用者アンケートを計画し、今夏をめどにホームドアを設置すべき駅についての基準作りなど一定の結論を出す方針。西日本でも別途検討会が開かれる予定。【本多健】

(毎日新聞 2011年2月9日)

|

« 2/16 新宿、2/20 大阪:米国学生就職志望ランキング1位のNPOを訪問予定のスタディツアー 国内勉強会のご案内等 | トップページ | 京三製作所はJR東日本の可動式ホーム柵設置前倒しを材料に続伸 »

転落事故」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31850/50839316

この記事へのトラックバック一覧です: ホームドア検討会:初会合 総合対策の必要性確認:

« 2/16 新宿、2/20 大阪:米国学生就職志望ランキング1位のNPOを訪問予定のスタディツアー 国内勉強会のご案内等 | トップページ | 京三製作所はJR東日本の可動式ホーム柵設置前倒しを材料に続伸 »