« ツイッターユーザーが押し進める、駅のホームドアを望む世論 | トップページ | 法人営業における、よい連携とは »

JR東の清野社長、山手線ホームドア設置前倒しも

(以下、引用です。)

JR東の清野社長、山手線ホームドア設置前倒しも

http://sankei.jp.msn.com/economy/news/110208/biz11020818250044-n1.htm

 JR東日本の清野智社長は8日の定例会見で、乗客が線路に転落する事故を防止するため要望が強い、山手線全29駅のホームドア設置について、「2017年までの10カ年計画で進めてきたが、可能な限り早く工事を進めたい」と述べ、計画の前倒し実施を示唆した。

 山手線の全29駅のうち、ホームドアの整備を終えているのは目黒駅と恵比寿駅だけで、01年にホームから落ちた男性を助けようとした韓国人留学生李秀賢さん=当時(26)=らが死亡した新大久保駅も、まだホームドアが設置されていない。

 JR東日本によると、ホームドア設置には、ホーム自体の補強工事が必要で、運行を継続しながらの夜間作業が中心となるなど、費用面のほか時間的な制約も大きいという。同社でも、実際にどの程度、整備の前倒しができるかは明らかにしていない。

 国交省も利用者の多い駅のホームドア設置を重要課題と位置づけている。9日には鉄道事業者も参加する検討会の初会合を開き、ホームドアの整備促進策や設置が困難な場合の代替策について議論を開始、夏ごろまでに中間とりまとめをする方針だ。

(産經新聞 2011年2月8日)

|

« ツイッターユーザーが押し進める、駅のホームドアを望む世論 | トップページ | 法人営業における、よい連携とは »

転落事故」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31850/50819047

この記事へのトラックバック一覧です: JR東の清野社長、山手線ホームドア設置前倒しも:

« ツイッターユーザーが押し進める、駅のホームドアを望む世論 | トップページ | 法人営業における、よい連携とは »