« 京三製作所はJR東日本の可動式ホーム柵設置前倒しを材料に続伸 | トップページ | ホームドア拡充 苦慮 »

駅のホームドア設置へ検討会、課題や転落防止策

西日本でも検討会が発足するようです!

(以下、引用です。)

駅のホームドア設置へ検討会、課題や転落防止策

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110209-OYT1T01011.htm

 駅のホームドア設置を推進するため、鉄道事業者をメンバーとする検討会の初会合が9日、東京・霞が関の国土交通省で開かれた。

 設置に向けての課題や、ホームドア以外の転落防止策などについて情報を共有した。

 検討会には、JRや私鉄大手など東日本の15事業者が参加し、ホームドアの整備計画などについて報告。設置には多額の費用がかかり、行政の支援が不可欠といった声が上がったほか、ホームに柵を設けるだけでも事故がほとんど無くなるといった意見も出た。近年、ホームからの転落事故が増えている原因について、「携帯電話の使用が一因では」との指摘もあった。

 同省は今後、月1回のペースで検討会を開催。西日本でも近く検討会を発足させる。

(読売新聞 2011年2月10日)

|

« 京三製作所はJR東日本の可動式ホーム柵設置前倒しを材料に続伸 | トップページ | ホームドア拡充 苦慮 »

転落事故」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31850/50839366

この記事へのトラックバック一覧です: 駅のホームドア設置へ検討会、課題や転落防止策:

« 京三製作所はJR東日本の可動式ホーム柵設置前倒しを材料に続伸 | トップページ | ホームドア拡充 苦慮 »