« ホームドア検討会:初会合 総合対策の必要性確認 | トップページ | 駅のホームドア設置へ検討会、課題や転落防止策 »

京三製作所はJR東日本の可動式ホーム柵設置前倒しを材料に続伸

(以下、引用です。)

京三製作所はJR東日本の可動式ホーム柵設置前倒しを材料に続伸

http://www.toyokeizai.net/money/markett/detail/AC/747dd4db4365d1059f2ba1e4afb30216/

 京三製作所(6742)は9日、490円(15円高)で寄ったあと495円(20円高)まで上げ、2日続けて戻り高値を更新、昨年来の高値500円(10年4月)に迫る始まりとなった。昨日は、国土交通省が鉄道駅の事故防止に向けて駅のホーム可動安全柵の整備を促進する検討会議を設置と伝えられたことが材料視され、今朝は、東日本旅客鉄道(JR東日本・9020)が東京・山の手線への安全柵設置を前倒しで進める意向と伝えられたことが好感された。京三製作所は2000年に「可動式ホーム柵」「プラットホームスクリーンドア」の設置を開始して以来、すでに「3500開口」の納入実績がある最大手。第3四半期の決算発表は本日・2月9日に予定。

(東洋経済 2011年2月9日)

|

« ホームドア検討会:初会合 総合対策の必要性確認 | トップページ | 駅のホームドア設置へ検討会、課題や転落防止策 »

転落事故」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31850/50839347

この記事へのトラックバック一覧です: 京三製作所はJR東日本の可動式ホーム柵設置前倒しを材料に続伸:

« ホームドア検討会:初会合 総合対策の必要性確認 | トップページ | 駅のホームドア設置へ検討会、課題や転落防止策 »