« エジプト騒乱で威力を発揮したソーシャルメディア | トップページ | マイクロファイナンスの問題とは »

カイロでグーグル幹部が不明に 1月27日から

(以下、引用です。)

カイロでグーグル幹部が不明に 1月27日から

http://www.chunichi.co.jp/s/article/2011020201000171.html

 【ロサンゼルス共同】米インターネット検索最大手グーグルは1日、同社の幹部が1月27日の夜にカイロ中心部で目撃されたのを最後に行方不明になったと発表、情報提供を呼び掛けた。エジプトのムバラク大統領の退陣を求めるデモに伴う混乱や、同国政府がネット規制を強化したこととの関連は不明。
 ロイター通信は消息筋の話として、同幹部はドバイ在住で中東と北アフリカ地域のマーケティングの責任者を務めており、個人的な用件でカイロを訪問していたと伝えた。グーグルは社員の安全確保のため、カイロのオフィスを一時閉鎖した。
 エジプト政府がネット規制を強めたのを受け、グーグルはこのほど、市民が電話して伝言を録音すれば、短文投稿サイト「ツイッター」にメッセージとして掲載するサービスを開始。反政府デモを勢いづかせたツイッターの利用者を支援する姿勢を明確にしている。

(中日新聞 2011年2月2日)

|

« エジプト騒乱で威力を発揮したソーシャルメディア | トップページ | マイクロファイナンスの問題とは »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31850/50754957

この記事へのトラックバック一覧です: カイロでグーグル幹部が不明に 1月27日から:

« エジプト騒乱で威力を発揮したソーシャルメディア | トップページ | マイクロファイナンスの問題とは »