« ツイッターでみる、転落事故直後から世論が生まれる過程 | トップページ | 2011年3月のハーバード社会起業大会スタディツアーの募集を今から開始します! »

全盲者7割、線路転落 防止柵設置呼びかけ

本日付けの産經新聞さんでは、全盲者の7割が線路に転落していたとのアンケートを報道しています。

(以下、引用です)

全盲者7割、線路転落 防止柵設置呼びかけ

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110120-00000114-san-soci

 東京都内に住む全盲者を対象にしたアンケートで、約7割が駅のホームから転落した経験を持っていると回答していることが分かった。今月16日には、JR目白駅(東京都豊島区)で、全盲の武井視良(みよし)さん(42)=同区北大塚=がホームから転落、電車にはねられて死亡する事故も起きた。国は乗降客の多い駅に転落防止柵を設置するよう鉄道事業者に呼びかけているが、なかなか進んでいないのが現状だ。

 アンケートを実施したのは「全日本視覚障害者協議会」(東京都新宿区)。対象は都内の全盲や弱視などの視覚障害者100人。うち50人が「転落の経験がある」と回答し、全盲者に限れば、66人のうち約67%にあたる44人が転落を経験したという。

 国土交通省は、1日当たりの利用客が5千人以上の全国約2800駅を対象に、転落防止に効果的なホーム柵やホームドアを設置するよう鉄道事業者に呼びかけている。ホーム柵などがある駅では「転落による人身事故は皆無」(同省)というが、昨年3月時点で設置が完了しているのは449駅にとどまっている。

 視覚障害者にとってホームは「欄干のない橋」「柵のない絶壁」と形容されるが、ホームスペースや費用などが壁となり、安全対策は進んでいない。

 延べ約5万人の会員がいる「日本盲人会連合」の鈴木孝幸情報部長(54)は「周りにいる視覚障害者にきくと、転落経験があるのは実際はもっと多いと思う。慣れた駅でも気を抜いたり、人とぶつかったりするだけで方向感覚を失ってしまうようだ」と話す。

 目白駅で死亡した武井さんは降車駅で寝過ごし、混雑の激しい池袋駅を避けて目白駅で乗り換えたところ事故に遭った。JR東日本は約500億円をかけ、山手線の全駅にホーム柵を設置する方針だが、設置完了は平成29年度の見込み。

 鈴木氏は「他の乗客の方に『大丈夫?』と一声いただけるだけで、危険を避けられる。視覚障害者が集まる場所など、駅の地域性も考慮して、ホームドアを拡充してほしい」と訴える。

2011年1月20日 産經新聞

(引用終わり)

【関連記事】

転落事故カテゴリで以下をご覧頂けます。

訃報:武井実良さんのご冥福を申し上げます。(2011.1.17)

武井視良でなく、武井実良です(2011.1.18)

駅のホームドア設置は、少子高齢化時代で少ない人口を守る為に必要な公共投資(2011.1.19)

武井実良さんの報道における表記についての整理(2011.1.19)

ついに世論が動き出しました : 朝日新聞 1/19 社説 「ホーム転落死―命守る欄干を、急いで」(2011.1.20)

ツイッターでみる、転落事故直後から世論が生まれる過程(2011.1.20)

全盲者7割、線路転落 防止柵設置呼びかけ(2011.1.20)

目白駅転落死 全盲の武井さん 数百人 最後の別れ(2011.1.23)

全盲男性転落死 温かい目を皆でもちたい(2011.1.23)

武井実良さんのお葬式への参列者の声(2011.1.23)

|

« ツイッターでみる、転落事故直後から世論が生まれる過程 | トップページ | 2011年3月のハーバード社会起業大会スタディツアーの募集を今から開始します! »

転落事故」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31850/50636708

この記事へのトラックバック一覧です: 全盲者7割、線路転落 防止柵設置呼びかけ:

« ツイッターでみる、転落事故直後から世論が生まれる過程 | トップページ | 2011年3月のハーバード社会起業大会スタディツアーの募集を今から開始します! »