« 東京・JR目白駅の全盲者転落:ホームドア、設置急務--現場を歩く | トップページ | AArrow 日本初上陸についてアメリカの AArrow も速報! »

「アショカ財団」でなく、「アショカ」です。

多くの人々の期待を集めて、アショカ・ジャパンがついに発足しました。

アショカの呼称ですが、「アショカ財団」と邦訳される事も
しばしば目にしますが、かなり前ですが、
「アショカ」のみで表記をお願いしますと、
アショカスタッフの方からお伺いした事があります。

Google で引いても、Ashoka Foundation という表記は
世界ではありません。

財団というより、中間支援組織と捉えるべきと私は思います。

ネットやメディアで多くの方々が
アショカ・ジャパンに共感し、歓迎されていますが、
ネット上の誤表記を、一つでも削減する為に、
もし過去ブログで「財団」と記された方は、ブログの管理画面で
「アショカ財団」と検索すると、過去の投稿が全て出ますので、
ボランタリーに修正をされてみてはと提案を申し上げます。

(なお、今回の記事は一個人として情報提供であり、
アショカ・ジャパンやアショカと私は
何も特別の関係はありません)

|

« 東京・JR目白駅の全盲者転落:ホームドア、設置急務--現場を歩く | トップページ | AArrow 日本初上陸についてアメリカの AArrow も速報! »

社会起業家」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31850/50707830

この記事へのトラックバック一覧です: 「アショカ財団」でなく、「アショカ」です。:

« 東京・JR目白駅の全盲者転落:ホームドア、設置急務--現場を歩く | トップページ | AArrow 日本初上陸についてアメリカの AArrow も速報! »