« 新年のご挨拶 | トップページ | 2011年3月ハーバードツアーのご案内 -1/12(水)説明会は満席になりました- »

『寄付白書2010』刊行 - 日本全体の年間寄付額は1兆円超 -

(以下、引用です。日本NPO学会MLにて、同学会会長の山内直人先生からの投書を引用させて頂きます)

新年おめでとうございます。
報道などでご存じの方も多いと思いますが、昨年末に、日本で初めての『寄付白
書2010(Giving Japan 2010)』(日本ファンドレイジング協会編、日本経団連
出版)が刊行されました。
白書では、日本の寄付とボランティアの全体像を正確に把握するため大規模な全
国調査を実施し、そのデータに基づいて、日本全体の年間寄付額は1兆円超(個
人寄付5500億円+法人寄付4900億円)と推計しています。
このほかに、個人が会費として年間3700億円余りを支出しており、このなかには
対価性の弱い「実質的な寄付」が相当程度含まれていると考えられ ます。
また、時間の寄付であるボランティアについても、全国調査の結果に基づき、そ
の経済価値が金銭寄付の10倍に相当する年間10兆円規模(GDPの 2%強)にのぼる
と推計しております。
さらに、白書には、寄付やボランティアの動機やきっかけ、寄付の受け手や仲介
組織からみた寄付の流れ、政策・制度や課題についての解説など、興味 深い内
容が盛り込まれています。
「日本の寄付の過半は法人寄付」「寄付文化が弱いのは宗教的伝統が弱いから」
といったこれまでの「常識」や「通念」の多くが、今回の白書の分析に よって
覆されました。
最近、寄付やボランティアから脱却することをよしとする風潮が蔓延しておりま
すが、金銭や時間を寄付するという行為は、市民参加の最も基本的な手 段であ
り、市民社会のエンジンとして今後とも重要な役割を果たすと考えられます。
ぜひ「寄付白書2010」をご一読いただければ幸いです。
書店やネットで購入することが可能ですが、入手方法についての詳細は以下をご
覧ください。
http://jfra.jp/2010/12/20/gj2010/

山内直人

|

« 新年のご挨拶 | トップページ | 2011年3月ハーバードツアーのご案内 -1/12(水)説明会は満席になりました- »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31850/50540427

この記事へのトラックバック一覧です: 『寄付白書2010』刊行 - 日本全体の年間寄付額は1兆円超 - :

« 新年のご挨拶 | トップページ | 2011年3月ハーバードツアーのご案内 -1/12(水)説明会は満席になりました- »