« ハーバードツアーのお申し込みを開始しました! (よくあるお問合せ) | トップページ | ツイッターでみる、転落事故直後から世論が生まれる過程 »

ついに世論が動き出しました : 朝日新聞 1/19 社説 「ホーム転落死―命守る欄干を、急いで」

16日夕方の武井実良さん転落事故について、朝日新聞は社説においてホームドアの未整備という事故の背景に切り込んだ主張を展開しています。 ついに世論が動き出しました。 (以下、引用します。)

「ホーム転落死―命守る欄干を、急いで」

http://www.asahi.com/paper/editorial20110119.html#Edit2

 16日の夕刻、東京・JR目白駅で全盲の男性がホームから線路に落ち、山手線の電車にひかれて亡くなった。悲劇はまたも繰り返された。

 胸騒ぎがして古い新聞を調べたら、やはりその人だった。

 武井視良(みよし)さん(42)。視覚障害者が楽しめる「ブラインドテニス」を考案し、普及に努めてきた。パラリンピックの正式種目入りをめざして、海外でも奔走した。その様子を3年ほど前、夕刊で紹介していた。

 武井さんは、同じく目が不自由な奥さんとともに、山手線上野駅から自宅のある大塚駅まで帰るところだったという。だがどういうわけか、駅を乗り過ごしてしまった。

 次の駅は混雑する池袋。反対方向に乗り換えるには一度階段を下り、向かいのホームにまた上らなければならない。そう考えて、もうひと駅先の目白で降りたのかもしれない。

 目白駅のホームは1本だけ。武井さんは点字ブロックを頼りにホームを横切ろうとして、転げ落ちた。場所は改札階段からは遠く、ホームの幅は狭くなっている。杖を持った夫婦に気を留める客がさほど多くない日曜の夕刻だったのも、災いしただろう。

 武井さんは、幼いころから野球が好きだった。いつもピッチャー役で、バッターにはなれない。飛んでくる球を打ち返せたらどんなに気持ちいいか。その夢が、ブラインドテニスを考えたきっかけだった。

 鈴が入ったボールがたてる音の方へと、耳を澄ませ、球筋を読む。スポーツを、人生を、健常者と同じように楽しもうとしていた人の不運に、言葉を失ってしまう。

 先日の声欄には、「杖を持たないことにしようと思っている」と嘆く、別の視覚障害者の話が載っていた。1年で杖を2本も自転車に折られたから、という。

 歩道をわが物顔で走る自転車に「ボケッと歩くな」と怒鳴られる。点字ブロックは荷物でふさがれている。電車を待つときは、押されやしないかといつも不安。ふとしたはずみで命を落とす。障害者に対し、こんな不条理な社会でよいだろうか。

 障害者、健常者を含めたホームでの人身事故は急増している。にもかかわらず、ホームドアや可動式の柵の設置は進まない。新設駅での設置が義務づけられたが、既存駅には費用や技術面での障壁がある。

 JR東日本はようやく山手線への導入を決め、昨年は恵比寿駅と目黒駅で工事をした。だが、全29駅で実現するまで7年もかかる予定だ。もっと前倒しできないか。

 駅のホームは急流に渡した一本橋よりも危ない場所に見えるという。欄干を急いでつけなければならない。

2011年1月19日 朝日新聞

(引用終わり)

大手新聞社の中で先駆けて、朝日新聞社が今回の主張をされた事に、敬意を表します。

大事な一歩が記されたと思いますが、しかし、まだ一歩にすぎません。

もし今、国や鉄道会社がもたもたしてしまうと、新たな犠牲者がすぐに発生しかねない、脆弱な構造は続いているのです。

ぜひ、政策当局等、多くのキーパーソンの方々にも、ホームドア設置が駅の標準となるよう、至急、超党派で検討をお願い申し上げます。(「駅のホームドア設置は、少子高齢化時代で少ない人口を守る為に必要な公共投資」)

そして、障がい者の方々や、走り回るお子さんをお持ちの方々、足の弱いお年寄り、つい飲んでほろ酔いで帰宅してしまうサラリーマンの方々、そんな人々につい共感してしまう人間好きな方々など、ぜひ今後とも、ご一緒に各地で、同時多発にツイートやブログ執筆等、よろしくお願いします! 

まさに、今この瞬間、皆様一人一人の言葉が、世論になっていっています!!!

【関連記事】

転落事故カテゴリで以下をご覧頂けます。

訃報:武井実良さんのご冥福を申し上げます。(2011.1.17)

武井視良でなく、武井実良です(2011.1.18)

駅のホームドア設置は、少子高齢化時代で少ない人口を守る為に必要な公共投資(2011.1.19)

武井実良さんの報道における表記についての整理(2011.1.19)

ついに世論が動き出しました : 朝日新聞 1/19 社説 「ホーム転落死―命守る欄干を、急いで」(2011.1.20)

ツイッターでみる、転落事故直後から世論が生まれる過程(2011.1.20)

全盲者7割、線路転落 防止柵設置呼びかけ(2011.1.20)

目白駅転落死 全盲の武井さん 数百人 最後の別れ(2011.1.23)

全盲男性転落死 温かい目を皆でもちたい(2011.1.23)

武井実良さんのお葬式への参列者の声(2011.1.23)

|

« ハーバードツアーのお申し込みを開始しました! (よくあるお問合せ) | トップページ | ツイッターでみる、転落事故直後から世論が生まれる過程 »

転落事故」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。転落事故についてのブログ読ませて頂きました。
ツイッターでも多くの方がRTされていたので、注目していました。

今まで気付かなかったことが多くありましたが、ブログやツイッターでの意見が、世論を動かすことができ
世の中が良い方向に変わるのはいいことだと思いました。

私もブログのほうにまとめてみました。一人でも多くの人に知ってもらえると良いなと思っています。

投稿: 山本真衣子 | 2011/01/20 14:33

はじめまして。

> 今まで気付かなかったことが多くありましたが、ブログやツイッターでの意見が、世論を動かすことができ
世の中が良い方向に変わるのはいいことだと思いました。

本当に、ありがとうございます。強く共感します。

素晴らしい記事も拝見しました。世論が動き出している事を改めて実感しています。

先ほど、ツイッター http://twitter.com/MaicoYamamoto のフォローもさせて頂きました。

今後とも、よろしくお願いします!

投稿: 田辺 大 | 2011/01/20 16:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31850/50633212

この記事へのトラックバック一覧です: ついに世論が動き出しました : 朝日新聞 1/19 社説 「ホーム転落死―命守る欄干を、急いで」:

« ハーバードツアーのお申し込みを開始しました! (よくあるお問合せ) | トップページ | ツイッターでみる、転落事故直後から世論が生まれる過程 »