« 厚労省の職業訓練『社会的事業者等訓練コース』のご案内 | トップページ | 新しい経営学 - 社会課題を解決する経営学 - »

若者には、革命を起こす権利(革命権)がある。

Img010

私たちの国で若者というと、どのようなイメージがもたれているでしょうか。

「社会のお荷物」「無気力」「ニート」等、メディアは報じますし、実際に心配視するご年配の方々もいらっしゃいます。「自分たちが若い頃はもっとたくましかった。」

確かに、若者は、資金力もなければ、経験も乏しく、ないない尽くしです。

若者は、繊細で、新しい感性を持っていたとしても、自分を信じられず、自信が持てずに、ひっそりと暮らしている人も多いです。

ですが、若者には、革命を起こす権利(革命権)があります。

今、大河ドラマで幕末が取り上げられていますが、革命を起こしたのは経験不足の若者達でした。

20091103021951

第二次大戦後の日本の国づくりをしたのも、戦争で生き残った若者達でした。

Honda_huzisawa

フランスでも、アメリカでも、若者達が革命を起こしたのです。

Pillar10historyfrenchrevolutiondela

Battle_of_lexington_concord

これは、すごいことかもしれません。ほとんどの能力はとぼしくとも、革命権だけは若者が持っているのです。テレビゲームのシミュレーションもので例えると、あまりめぼしい技はなくとも、ものすごい必殺技を1つもっているような感じです。

革命権は、世の中を全面的に変える事が出来る権利です。従来のルールは消え、新しいルールで世の中を創っていけます。

実際に、仮に無力と自らを思っていた若者は、実は、「自分にもやりきれることがあったぞ」と、自分を肯定できる事があると、短期に急成長することがあります。

そして、「若者とは、実年齢を指さない」という事が、重要と思います。つまり歳がいくつになっても、新しい事に謙虚にチャレンジする「若者」の方々もいらっしゃいます。

逆に、まだ中学生でも、新しい事にチャレンジしたくないと思えば、「老人」ということになります。

革命に参加する事は、若返りになります。

NPOやソーシャルビジネスなど、社会起業の分野は、若返りできる分野でもあります。

日本全体で若返り、革命を起こす事で、イキイキした「若者」があふれる国に変わります。

新しい日本ならではの視点を世界に、起業家精神で発信する事で、世界も変わります。

|

« 厚労省の職業訓練『社会的事業者等訓練コース』のご案内 | トップページ | 新しい経営学 - 社会課題を解決する経営学 - »

社会起業家」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31850/49056443

この記事へのトラックバック一覧です: 若者には、革命を起こす権利(革命権)がある。:

« 厚労省の職業訓練『社会的事業者等訓練コース』のご案内 | トップページ | 新しい経営学 - 社会課題を解決する経営学 - »