« 7/24(土):「大人解放区」イベント (NPOブラストビート) | トップページ | BOPは日本企業は苦手か »

「将来のリーダーと思える政治家はいますか?」

昨日、ある大手メディアのベテラン記者の方から、このようなご質問を頂きました。

「田辺さんから見て、将来のリーダーと思える政治家はいますか?」

読者の皆さんは、いかがでしょうか? よろしければ、コメントをお願いします。

以下は、私がそのときに申しました事です。

「鳩山さんは個人的には好きでした。
明日枯れる花に水をやるのが政治、と話したのが大平正芳さん。
戦前で行財政改革を果敢に行い、金解禁を実行した浜口雄幸首相、井上準之助蔵相は、
今の苦難を耐えよう、今日縮むのは明日伸びる為、と困窮した国民を励ましました。

現在の政治家で、慈悲の心を持ち、大きな志のある人は、まだ現れていないと思います。
恐らく今の政治家の中からというよりも、外から新たに出てくるでしょう」と申しました。

マイノリティー経験をした人は、イノベーションを生みます。

そして、イノベーションは周縁から生まれます。

「規格外の人」こそ、今、社会に求められていると私は思います。

政治家の公募システムを見ると、本当に優秀な人が合格する場合もあれば、「このような人が大丈夫か」という人も合格しているケースも見られます。

それで国会に送り込まれ、政党の一員としては動けても、一個人としてのリーダー力では不安が残ります。

日本でまだ動乱期は続くと思います。幕末もそうでした。デモ等が起こらない、静かな乱世です。

一人でリスクを取って公共経営をした経験があり、国内外から共感を得られるメッセージを語り、よき表現者として発信力ある人が、今後の国政のリーダーになっていくのではと私は思います。

|

« 7/24(土):「大人解放区」イベント (NPOブラストビート) | トップページ | BOPは日本企業は苦手か »

時事コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31850/48947842

この記事へのトラックバック一覧です: 「将来のリーダーと思える政治家はいますか?」:

« 7/24(土):「大人解放区」イベント (NPOブラストビート) | トップページ | BOPは日本企業は苦手か »