« 民主党は「大人の政党」になれないのか | トップページ | 夢実現へプレゼン熱く NPOなど15団体が浜松でフォーラム »

国債市場に中国マネー急増=5月は過去最大の買い越し

ご案内の通り、日本国債にも中国からの買いが入っています。

日本外交にも影響する可能性があります。

税金の投入や国債の議論は、内政問題として国内で内向きな議論が多かったと思いますが、日本は世界から注視されています。

(以下、引用です)

http://www.jiji.com/jc/c?g=eco_30&k=2010071000200

国債市場に中国マネー急増=5月は過去最大の買い越し

 中国による5月の日本国債買越額(取得額から処分額を差し引いた金額)が急増し、これまで過去最大だった今年2月の3.5倍に当たる7352億円に膨らんだ。ギリシャの財政危機に端を発した欧州の信用不安拡大を受け、比較的安全な資産に一時避難する動きとみられる。
 日本は600兆円を超える多額の国債残高を抱えている。世界最大の外貨準備高を誇る中国の資金動向は今後、大きな関心を集めそうだ。
 財務省が発表した5月の国際収支統計に よると、中国による日本国債の買越額は今年1月からの累計でも1兆2762億円に上った。昨年まではおおむね数百億円規模の売り越しと買い越しを繰り返していただけに、このところの買い越し一辺倒の状況は際立っている。
 もっとも、取引の大半は償還期限が1年以内の短期債。市場では一時的なリスク回避の動きとの見方が大勢だ。中国による日本国債への投資が今後、さらに拡大するかは不透明で、財務省も「もう少し長いスパンで見なければならない」(幹部)と慎重な見方を示している。

(時事通信 2010年07月10日)

|

« 民主党は「大人の政党」になれないのか | トップページ | 夢実現へプレゼン熱く NPOなど15団体が浜松でフォーラム »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31850/48847507

この記事へのトラックバック一覧です: 国債市場に中国マネー急増=5月は過去最大の買い越し:

« 民主党は「大人の政党」になれないのか | トップページ | 夢実現へプレゼン熱く NPOなど15団体が浜松でフォーラム »