« 今回の投稿で、このブログは記事1200回目になりました。 | トップページ | 6/26(土) : ◇ NPOプロボノフェア ~あなたも社会にできること~ ◇ »

特集ワイド:’10攻防の夏 鳩山前首相 今だから話せることもある

(以下、引用です。)

http://mainichi.jp/select/seiji/news/20100622dde012010010000c.html

特集ワイド:’10攻防の夏 鳩山前首相 今だから話せることもある

 「新しい公共」「腹案」「ヒヨドリ」……。謎の言葉を残したまま首相を辞任した鳩山由紀夫さん(63)。「国民が聞く耳を持たぬ」とすねていたけ れど、そろそろ聞かせてもらいましょうか、あなたの思い--。【鈴木琢磨】

 ◇国民が悪いんじゃない。そうさせてしまった私に問題があった

 赤ちょうちんの揺れる東京・高円寺のガード下で、鳩山さんを見つけたのは13日の夜だった。「新しい公共」について語りあう若者の集いが開かれて いた。自分たちでできることは何か? 彼らのまなざしは真剣だった。車座の議論の輪に前首相もいた。「政治とカネ、それに普天間のツートンカラー報道で批 判ばかりされてきた。でも、政権交代で地道に社会は変わっていく、その芽は出せたな、と実感したね。うれしかった」

 その冒頭、3分間の映像が流された。丘で上半身裸の男が踊りだす。しばらくしてもう1人、そして全員が踊りだす。ムーブメントはこうして起こる、 と解説が入る。鳩山さん、簡易型ブログ「ツイッター」でつぶやいた。<私に続いて裸踊りをしようと立ち上がって下さったみなさん、有り難う>。ネット上 で、大騒ぎです。「アハハ。永田町でなく、高円寺だから行ったんです。政治に無縁と思われる彼らが裸踊りを始めたから」

  ■

 雨が降っている。ここは永田町に近い個人事務所。高円寺の夜の思い出を熱っぽく語った鳩山さん、ちょっとすっきりした顔になった。なにせ内閣総辞 職当日の午前8時半に「『新しい公共』円卓会議」の最終会合を緊急招集して宣言をとりまとめたほど思い入れがあった。「この政策、メディアは取り上げてく れなかったよなあ」。それで国民が聞く耳を持たなくなったと愚痴ったのですか?

 「いえ、違います。その責任は私にある、と申し上げているわけです。なぜ聞く耳を持ってくれなかったのか? やはり、あなたは住む世界が違うね、 母親からの資金提供が毎月1500万円もあったのか、と。知らなかったんですが、そんな世界ってあるのかよ、そんな人間の話は聞きたくない、となった。国 民が悪いんじゃない。そうさせてしまった私に問題があったんだ、という意味なんです」

 政治とカネ、カギを握る人物はゴッドマザー、安子さんである。87歳。入院中との報道もあった。お会いになられた? 「ずっと会えず、この6日に やっと会えました。見舞いに行けば、ふたりが口裏合わせしたと必ず言われますから。お袋は、あなたが元気でいてくれることだけを願っていました、と。逆で すよね。私こそ、お袋の健康が心配でいたんだ、来られなくて申し訳なかった、と。もともとお袋は食が細くてね、腸を手術したあと栄養失調で30キロくらい になったんです……」

 ギョロリとした目に涙をため、声を詰まらせた。名家の大金持ちに生まれたことを恨んでいるのですか? 「先祖には感謝しています。恵まれた環境に あったればこそ、政治家にもなれたし。ただもっと苦労を重ね、魂をたたき上げるべきところがあったかもしれないと思う」。そうは言っても、サイフの中身は 庶民とはけた違いでは? 「うーん、10万円ほどあるんじゃないの」。胸ポケットからサイフを取り出し、札を数えはじめた。すべてをクリーンにしたい、と の気持ちなのか。

  ■

 政権交代からわずか8カ月での辞任、その最大要因は米軍普天間飛行場移設をめぐる迷走劇だった。辞任の弁で「米国に依存し続ける安全保障をこれか ら50年、100年続けていいとは思いません」と語気を強めたものの、あくまで将来像。「最低でも県外」の約束は? あなたの裸踊りに振り回された沖縄と どう向き合うつもりですか? ややあって鳩山さん、「首相在任中は道筋がついていなかったんだけど、本当は……」。せきを切ったように語りだした。

 「海上自衛隊の最新鋭護衛艦に『ひゅうが』というのがある。ヘリが12機くらい乗せられる。今は1艦で、来年3月にもう1艦できる。理想的にいえ ば3艦から4艦あれば、40機くらい積める。海上ですから、普天間に負担をかけないで訓練できる。案として私は非常に面白いと思った。日米の共同訓練もで きますからね。北沢俊美防衛相にこの話をもっと詰めてほしい、と指示しました。アメリカにもその交渉をしてもらいたいと申し上げているところだったんで す」

 まったく初耳である。沖縄県民の「県内移設」反対の叫びの中、政府が水面下で進めていたウルトラC、つまりこれが「腹案」だったのか? 鳩山さん は腹案かどうかは明言を避けつつ、続けた。「時期がかなり遅かったものですから、防衛省の中でも必ずしも煮詰まってはいません。軌道に乗る前、私自身、こ ういうことになって……。ただし案は消えていません。引き継いでもらいたいと思っています。私は政権を離れていますけど、フリーの立場で努力したいと思っ ています」

 雨は降り続く。2人で外を歩いた。道行く人が駆け寄って握手を求めてくる。「雨天の友だなあ……」としみじみ。だが、頑張っての声はかからない。 辞任の弁で、済州島(韓国)のホテルのテラスに飛んできたヒヨドリで辞任を決意したとのくだりがありました。「田園調布の自宅のベランダにアボカドの木が あるんです。そこにピーちゃんって名づけてるヒヨドリが寝泊まりにくるんです。済州島で偶然にも同じヒヨドリを見つけて、もう家に帰ってこいってことかな あって感傷的になってね。すでに辞任の意思は固めていましたけど」

 一番の雨天の友は夫人の幸さん(66)だったはず。辞任にはどんな反応でした? 「たしか済州島から帰ってきた翌日、夕食の後だったかな、公邸の 居間で『オレ、辞める』と言ったんですよ。相当ショックだったみたいでね。『絶対辞めないで』『これからが友愛を広めるときでしょ』『苦しいときを乗り越 えなきゃ』。慰留がものすごかった。私は『もう決めたから』『文句、言わないでくれ』のみで取り合わなかったんです。議論したら勝てませんから、ハハハ」

 夜の高円寺で若者たちが語り合った「新しい公共」。そのキーワードは「すべての人に『居場所』と『出番』がある」ことらしい。鳩山さんの居場所と 出番は? 「次の衆院選まではバッジをつけていますから。日露外交などでできることがあればやりたいですね。その後は……居酒屋でもやるかな、高円寺で」

==============

(毎日新聞 2010年6月22日)

|

« 今回の投稿で、このブログは記事1200回目になりました。 | トップページ | 6/26(土) : ◇ NPOプロボノフェア ~あなたも社会にできること~ ◇ »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31850/48701349

この記事へのトラックバック一覧です: 特集ワイド:’10攻防の夏 鳩山前首相 今だから話せることもある:

« 今回の投稿で、このブログは記事1200回目になりました。 | トップページ | 6/26(土) : ◇ NPOプロボノフェア ~あなたも社会にできること~ ◇ »