« NPO 法人グラウンドワーク三島 インターンシップのお知らせ | トップページ | (本日ですが)ネズミで地雷除去、APOPOのバートさん来日! »

本日の朝日新聞社説に、裸踊りが登場

(以下、朝日新聞社説から引用です。裸踊りがここにも登場しました。)

http://www.asahi.com/paper/editorial20100624.html

 参院選公示―「私たち」の政治を鍛える

参院選がきょう公示される。

 歴史的な政権交代を起こした民意は早々に鳩山前政権を見放した。政治は一本道を真っすぐには進まない。蛇行や迷走は珍しくもない。そ れでも決して止めることのできない営みである。

 過信や熱狂ではなく、不信や冷笑でもなく、その両極の間にこそ私たち有権者の行く道はある。この参院選を、政治とのかかわり方をさ らに鍛え、より成熟するための機会にしたい。

 ネット上で注目を集めている動画がある。上半身裸の男が一人で踊り出し徐々に群衆を巻き込んでいく映像。ムーブメントを起こす際に 大切なのは最初の一人以上に、それに続く人たちの役割だと説明される。

 鳩山由紀夫前首相がツイッターで、この動画に触れて「『裸踊り』をさせて下さったみなさん、有り難う」とつぶやき、話題になった。

 鳩山氏に動画をみせたのは、自分たちで「新しい公共」に取り組もうとする若い世代の人たちだ。自分たちの暮らす場所は自分たちでつ くる。「お上任せ」を変えて政治の主役になろう。だれが首相であろうと、新しい公共の流れを止めてはいけない――。そんな 動きがウェブを媒介に広がっている。

 人と人とが「つながる」。この一見たわいないことが、いま日本政治の大きなテーマとなっている。

 「個」を重視する戦後社会の流れの裏側で人々の間のきずなはほころび、「孤」が広がった。財政は悪化し、少子高齢化が進み、格 差が広がる。暮らしへの脅威が現実に差し迫っている。

 人々のつながりを取り戻し、互いに支え合わなければ大変なことになる。菅直人首相や谷垣禎一自民党総裁がそろって目を向けているの も、そこだ。

 それには、私たちと政治とのつながり方も変えていかなければならない。

 「お上」意識の根強さからか、日本では政治家と有権者があちら側とこちら側に分断されがちだった。政治家は利益を配る側、有権者は 受け取る側。政治家は舞台役者で、有権者は観客。

 そんな政治はもうだめだという有権者の切迫した危機感が、おそらく昨年、自民党政治に終止符を打たせた。

 安全保障のように草の根の意識だけで世の中が変わらない課題もあるが、みずからが「公共」を担うという意識の芽はさらに育てなけれ ばならない。

 それはどの政党に政権を委ねるのがいいかといった選択を超えた、有権者の地力の問題である。

 人々がつながり、これまで「官」が独占してきた政策づくりに取り組むグループがあちこちで生まれている。

 多様なムーブメントを起こし、政治の主語を「彼ら」から「私たち」に転換する。そして、その立場から厳しく政治を監視もする。この 参院選を、その大きな一歩にしたい。

(朝日新聞 2010年6月24日)

|

« NPO 法人グラウンドワーク三島 インターンシップのお知らせ | トップページ | (本日ですが)ネズミで地雷除去、APOPOのバートさん来日! »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31850/48709632

この記事へのトラックバック一覧です: 本日の朝日新聞社説に、裸踊りが登場:

« NPO 法人グラウンドワーク三島 インターンシップのお知らせ | トップページ | (本日ですが)ネズミで地雷除去、APOPOのバートさん来日! »