« 2010年2月6日(土)-7日(日):共感と感動の場へようこそ!~ファンドレイジング・日本2010 Vol.1 | トップページ | 社会的起業を支える「アショカ」に日本支部 代表を公募 »

「社会起業家 求人」と人材育成

雇用創出を社会的企業に期待する流れが強まっていると感じます。

例えば、今年末に向けて最近1-2ヶ月程でグーグルの「社会起業家」を引くと、「社会起業家 求人」が現れるようになりました。

当然ながら、このブログを「社会起業家 求人」のキーワードでアクセスしている数も急増しています。

しかし、求人記事を紹介する傍ら、課題は新卒等、ビジネススキルはこれからの人を、どう育成していくかです。

ミッションが響きあえていても、スキルやスピードが付いてくるには時間がかかります。

人の入れ替わりが多い団体の場合は、いつまでも新人教育に追われがちになる事例も目にしてきました。

日本が高度成長期だったときの人材研修は現場で5年くらいかけて学ぶやり方でした。その間未熟でも、日本企業は基本的には解雇しませんでした。

今は、若者は1年や1カ月で結果を求められます。

社会起業に身を投じて成長したいと思っても、生半可にいきません。

大変な時代になりました。

ですが、一朝一夕に結果が出なくとも、成長機会が多い場に身を投じることは、長い人生で見たらプラスです。

突破のポイントとしては、受身の姿勢でなく、自らシビアに結果を出すことに前向きになり、深くこだわることと思います。

|

« 2010年2月6日(土)-7日(日):共感と感動の場へようこそ!~ファンドレイジング・日本2010 Vol.1 | トップページ | 社会的起業を支える「アショカ」に日本支部 代表を公募 »

社会起業家」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31850/46964568

この記事へのトラックバック一覧です: 「社会起業家 求人」と人材育成:

« 2010年2月6日(土)-7日(日):共感と感動の場へようこそ!~ファンドレイジング・日本2010 Vol.1 | トップページ | 社会的起業を支える「アショカ」に日本支部 代表を公募 »