« Google apps に変えて、カバンが軽くなりました | トップページ | 社会起業とは、キャッシュを生み出す装置 »

政府、雇用創出へ社会起業家育成 介護など、予算50億~100億円

ついに、来ましたね! 

いわば毎年1万人企業が新たに生まれる構想であり、実践者の皆様とともに、このブログも貢献したく思います。 

年末の成長戦略の発表にも期待しましょう。

(以下、引用です。)

http://www.nikkei.co.jp/news/keizai/20091122AT3S2101J21112009.html

 政府が検討している雇用対策の概要が21日明らかになった。介護、保育、環境保全などの社会起業家を育てる「地域雇用創造マネジャー」制度を来年2月にも創設し、年1万人程度の雇用を生み出す。介護などの重点分野での雇用創出を目指す「重点分野雇用創造事業」も始める。今月末にもまとめる経済対策に盛り込む方向だ。

 地域雇用創造マネジャー制度は、介護などに貢献する企業や特定非営利活動法人(NPO法人)の創業者を育成する事業。NPOのネットワークを持つ団体の研修事業を支援する。研修を終えた人材を全国に派遣し、創業を促す。予算規模は50億~100億円を想定している。

(日本経済新聞 2009年11月22日)

|

« Google apps に変えて、カバンが軽くなりました | トップページ | 社会起業とは、キャッシュを生み出す装置 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31850/46848688

この記事へのトラックバック一覧です: 政府、雇用創出へ社会起業家育成 介護など、予算50億~100億円:

« Google apps に変えて、カバンが軽くなりました | トップページ | 社会起業とは、キャッシュを生み出す装置 »