« 8月7日夜【 Blastbeat Education創始者を迎えて‐GliPub@根津 Special】のお知らせ | トップページ | 世界水準のプレイヤー、Room to Read が日本における職員を募集! »

【8月21日締切、対象:16歳から19歳】 Global Change Makerプログラム

(以下、引用です。)

------------------------------------------------------------------
(以下、転送・転載歓迎)
====================================

      ◆◆  ブリティッシュ・カウンシル ◆◆

       ~ Global Change Makerプログラム ~

http://www.britishcouncil.org/jp/japan-common-global-changemakers.htm

====================================

ブリティッシュ・カウンシルは、2007年より、ゴードン・ブラウン首相の
後援を得て、グローバル社会に貢献できる若者を育成することを目的とした
「グローバル・チェンジメーカー」というプロジェクトを実施しています。

このプロジェクトにおいて、ブリティッシュ・カウンシルは世界のユース
リーダーのなかから「グローバル・チェンジメーカー」を任命し、その
ネットワークを形成します。さらにかれらが有意義な社会変動を促進できる
ようにサポートを行っています。

●地域社会活動を行うための資金やアドバイスを提供
●それぞれの経験を共有できる情報交換の場を提供
●国際会議に出席し、世界の指導者と直接会談できる機会を提供

今後のさらなるネットワークの拡大を目指し、2009年8月1日から8月21日まで、
「グローバル・チェンジメーカー」の募集を行います。

今回の募集で選出される若者は、「グローバル・チェンジメーカー」として
活動するために必要なスキルを学ぶ機会として、英国で開催される「第4回
グローバル・ユース・サミット」に出席してします。

2009年11月15日から21日にかけて開かれるこの会議のねらいは、今後の活動に
必要な社会活動のマネジメント・スキルを学びながら、グローバルな問題に
対する意識をさらに深めることです。また、英国の有力なビジネス業界、政府、
市民団体の関係者に会う機会が提供されます。

会議終了時には、出席者の中から代表者6名が選出されます。この6名の方には、
2010年1月27日から31日にスイスのダボスで開催される「世界経済フォーラム
年次総会」(WEF)において、世界で活躍する各方面のリーダーたちに、社会を
より良くするための自分たちの提案を直接伝えるまたとない機会が提供されます。


【応募条件】

・社会活動に積極的な方
・社会運動家、ボランティアとしての実績がある方
・2009年11月現在、年齢が16歳から19歳までの方
・会議で英語でのコミュニケーションが十分に取れる方
・11月15 - 21日のグローバル・ユース・サミット、および1月27 - 31日の
「世界経済フォーラム(WEF)年次総会」への参加(代表者として選出された
 場合のみ)が可能な方

【応募方法】

「グローバル・チェンジメーカー」プロジェクトへの募集期間は8月1日から21日
です。応募用紙は8月1日から「グローバル・チェンジメーカー」のウェブサイト
(英語)でダウンロードできます。


■グローバルチェンジメーカーに関するお問い合わせ
http://www.britishcouncil.org/jp/japan-common-global-changemakers.htm

|

« 8月7日夜【 Blastbeat Education創始者を迎えて‐GliPub@根津 Special】のお知らせ | トップページ | 世界水準のプレイヤー、Room to Read が日本における職員を募集! »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31850/45834008

この記事へのトラックバック一覧です: 【8月21日締切、対象:16歳から19歳】 Global Change Makerプログラム:

« 8月7日夜【 Blastbeat Education創始者を迎えて‐GliPub@根津 Special】のお知らせ | トップページ | 世界水準のプレイヤー、Room to Read が日本における職員を募集! »