« アショカ受賞学者と、マイクロファイナンスの巨人BRACの国際シンポジウム | トップページ | 日本各地に広がり始めた希望 »

同志社大学大学院にて講演

P1250016

1月25日(日)、京都は同志社大学大学院ソーシャル・イノベーション研究コースにて、講演を行いました。

P1250017

P1250029

町屋を活用した江湖館地下鉄丸太町4番出口下車)にて、講座は開催されました。

お座敷での講演は珍しい体験でしたが、いつもの対話型で、でも落語のように、お楽しみをいただけたのではと思います。

講演後、ご挨拶をされる今里先生です。 (ゼミのブログはこちら

P1250058

講演後、受講生である後藤さんが、障がい者就労事業として、東京のオフィスマッサージ「手がたり」を参考に、京都の同志社大学構内にて、自主企画として、キャンパスマッサージ「もみ・にっく」を開始されたことを発表され、その検討会も開催されました。 関西の実践者の方々、今里先生、そして、指導教官をされている、谷口先生もご参加されました。

P1250063

P1250067

町屋は、イノベーティブな空気にあふれ、京文化を随所に感じた一日でした。 会場での和菓子や、お庭の様子です。

P1250019

P1250069

|

« アショカ受賞学者と、マイクロファイナンスの巨人BRACの国際シンポジウム | トップページ | 日本各地に広がり始めた希望 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31850/43861485

この記事へのトラックバック一覧です: 同志社大学大学院にて講演:

« アショカ受賞学者と、マイクロファイナンスの巨人BRACの国際シンポジウム | トップページ | 日本各地に広がり始めた希望 »