« 来年3月のNPO学会で、社会起業家について報告 | トップページ | マザーハウス・山口絵理子さん、元気に帰国! »

「良い株は、長く持て」 ~コモンズ投信 設立初のセミナー開催~

Pc200095

12月20日(土)、日本橋にて、コモンズ投信さんが設立初のセミナーを開催されました。

会場の方々は、笑ったり、共感したり、と、明るい雰囲気の中で、開催されました。

同社会長は、記事冒頭の写真の渋澤健さんです。 広くご存知の通り、明治時代における、「日本の資本主義の父」である、渋沢栄一の5代目のご子孫の方で、経済同友会幹事でもあり、金融業界にて、大きな仕事をされてきた方です。

Pc200009社会起業家業界でも有名な、財務省出身のチャレンジャー、坂本忠弘さんが、同社の取締役として、ご挨拶をされました。

会場には、長期投資に関心をもつ多くの方々がお集まりになりました。 最終的には、80人の申し込みがあったとのことです。

Pc200060

同社社長の伊井哲朗さんの講演です。

従来の株式投資の一般的イメージである、短期の投機を競うスタイルでなく、同社は応援したい企業の株を長期保有し、価値を高めていきますと、同社のアイデアを説明されていました。

Pc200079

同社取締役で、ファンドマネージャーの吉野永之助さんの講演です。 この道40年の大ベテランの方からのお話は、落語のように楽しく、そして深い示唆にあふれていました。

「良い株は、長く持て。」

日本人は、個人投資家の場合、にわかに株価が上がると、そこでうれしくなって、すぐ売ってしまいがちです。

ですが、お金の性格とは、人間のライフスタイルと同様、30年スパンで考える必要があり、専門家の目利きを活用して、良い株を選んで、その会社を応援して、長く持つことで、最終的な価値が高まっていきます、と説かれました。

吉野さんのお話は、株に限らず、「よき人と、長く付き合え」と同義にも思えて、人生訓と感じました。 お話から、吉野さんの強靭な人間力を感じました。

Pc200116

質疑応答では、コモンズ投信の考え方について、温かな心から、会場からの質問が相次ぎました。

Pc200120

Pc200135

同社をサポートされる、大毅法律事務所代表の大毅さんです。

Pc200139

バリュークリエイトパートナーの佐藤明さんです。

今回、社会起業家とのコラボレーションも、セミナーの特色の一つです。

「心身をほぐす長期投資セミナー」と銘打ち、手がたりは、会場にて、マッサージを行いました。

Pc200068

講演中も、お気軽に受けられ、多くの方々に、好評をいただくことができ、ありがとうございました。

投資セミナー会場の雰囲気が、やわらかくなったのではと思います。

渋澤さん、早速のブログで、マッサージ師の渡辺を、「ゴッドハンド」と評してくださり、深く感謝します。 本人も、励みになると思います。

私個人としては、投資家の方々に、社会起業家という考え方や、その様子に、触れていただけたら、幸いとの思いです。

渋澤さんは、講演で、コモンズ投信は、社会起業家との連携をしていきたいと話されており、金融の地殻変動を感じました。

今回のセミナーの内容は、私たち社会起業家の実践者達も、知るべき内容と実感しました。 つまり、短期の出来事に、一喜一憂せず、長期の視点で、次世代を見据えることで、大きく考えることができます。 仕事の質も、更に上がっていくと思います。

目線、そして人間力が高められると思います。

新しい時代の始まりを、象徴するセミナーであったと感じます。

皆様、誠に、ありがとうございました。

【参考記事】
初セミナーの御礼 (渋澤健さんのブログです。)
新しい投資信託のカタチ (日経マネーさんのブログです。)

|

« 来年3月のNPO学会で、社会起業家について報告 | トップページ | マザーハウス・山口絵理子さん、元気に帰国! »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31850/43480859

この記事へのトラックバック一覧です: 「良い株は、長く持て」 ~コモンズ投信 設立初のセミナー開催~:

« 来年3月のNPO学会で、社会起業家について報告 | トップページ | マザーハウス・山口絵理子さん、元気に帰国! »