« インド アショカ・フェローのグプタさん、東工大にて講演 | トップページ | 12月3日(水):ソーシャルクリエイターズフォーラム 『Hungry For Mission ~輝く女性の創り方~』 »

「NPOバンク」福岡にも 社会貢献活動に無担保・低利融資 市民の志結び付け 来年度開始へ準備 福岡市の法人

(以下、引用です。)

http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/60261

 社会や環境の問題解決のために活動したくても、運転資金が工面できない‐。そんな福岡市内の市民団体に無担保・低金利で資金を融資するNPOバンク(非営利貸金業)「もやいバンク福岡」(仮称)が設立準備を進めている。同市中央区の特定非営利活動法人(NPO法人)・環境未来センター希望などを中心に、来年度の“営業開始”を目指し、勉強会などが開かれている。

 NPOバンクは、環境保護や地域貢献などを志す市民や企業、団体から募った出資金を、市民団体や、社会的な課題解決を事業目的とする「社会起業家」へ融資する仕組み。出資金は、全額保証されず、利子も付かないが、その代わりに、借り手は低金利で融資を受けられるシステムだ。無担保少額融資で貧困層の自立を支援するバングラデシュのグラミン銀行がモデルで、借り手は、返済能力だけでなく、事業の社会貢献度などが審査される。

 市民団体が事業を企画しても、信用性がネックとなり銀行融資を受けられなかったり、行政の補助金を必要な時に支給されなかったりと、運営資金の工面に苦慮するケースは多い。このため国内では、10団体ほどのNPOバンクが設立され、活動中。出資者も借り手も社会問題の解決という共通認識を持っているため、融資したお金が回収不能になる事例は少ないという。

 組織名の由来の「もやう」とは、共同で何かを行うという意味。もやいバンク福岡は、出資金を500万円から1000万円集めて稼働する計画で、来年度初めから出資を募る予定だ。

 環境未来センター希望の古瀬加奈子さん(30)は「社会貢献活動が資金面でしっかりすることによって、世の中が少しずついい方向へ変わってほしい」と話している。問い合わせは同法人=092(522)8332。

(西日本新聞 2008年11月18日)

|

« インド アショカ・フェローのグプタさん、東工大にて講演 | トップページ | 12月3日(水):ソーシャルクリエイターズフォーラム 『Hungry For Mission ~輝く女性の創り方~』 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31850/43209605

この記事へのトラックバック一覧です: 「NPOバンク」福岡にも 社会貢献活動に無担保・低利融資 市民の志結び付け 来年度開始へ準備 福岡市の法人:

« インド アショカ・フェローのグプタさん、東工大にて講演 | トップページ | 12月3日(水):ソーシャルクリエイターズフォーラム 『Hungry For Mission ~輝く女性の創り方~』 »