« 11月20日(木):近畿ソーシャルビジネス・ネットワーキング設立記念キックオフセミナーのお知らせ | トップページ | デザインは雇用を生む ~ 上海の社会起業家、Home Sweet Home 訪問 »

オバマ氏当選

Panoramawinner3

ついに、アメリカが変わりました。

オバマ氏のブログは、現地の熱気を伝えています。

ここ中国・上海でも、アメリカ大統領選は、メディアでかなり報道され、人々の関心も高いようです。

アメリカで、合法的に、選挙を通じて、革命が起こってしまいました。

人種差別の対象とされたアフリカ系で、社会的弱者とされてきた人が、世界の超大国の最高権力の座に就任するのです。 

インドネシア等での経験もある、いわば、外れていた人(周縁の人)が、イノベーションを起こしました。

彼の強さは、構想力もさることながら、かつてシカゴでのソーシャルワーカー時代に、社会の課題の現場にいたことから、力強いメッセージを発する事にあると思います。

中国でも、現在、様々の問題があろうかと思いますが、例えば、昨日の復旦大学で感じましたのは、「もっとよい世の中をつくりたい」との人々の純粋な思いです。

キャンパスや、学生街を歩くと、あたかも欧米の大学キャンパスを歩いているかのような、開放的な空気を感じました。

日本にいますと、食の安全等で、中国に対するイメージは現在芳しくないかもしれません。 歴史的に、反日教育も行われてきた事情もあるかもしれません。

しかし、現地で、人々にお会いすると、日本への親近感をもち、日本語を勉強したり、日本の漫画やドラマに詳しかったりします。

それが限定された動きかと思うと、テレビや、街の放送でも、日本の番組や音楽を、よく目や耳にします。

つまり、私たちの先入観ほどではなく、中国と日本の心の距離は遠くないのでは、と感じます。

そして、その中国が、金融危機を経て、変わろうとしています。 

欧米や日本のよいところを意欲的に取り入れ、例えば英語チャンネルが普通にテレビにあるように、更に開放性を追求しています。

アメリカも、変わろうとしています。

世界は、動いています。

私たちの国日本への期待も、世界から、更に高まると思います。

「アメリカに言われたから」と、よく日本の報道で目にしますが、本質的には、アメリカについていけばよい、との従来の下請け根性が日本にあるのが問題であると私は思います。 私たち自身の問題なのです。

国際間の外交の場で、お互いの意見を率直に出すのは当然であり、それを丸呑みするのか、独自の発想から、交渉をするのかは、分かれ目と思います。

国際社会で名誉ある地位を築くために、日本独自の構想を、今こそ考えて、実践に移すべきと思います。

皆様とご一緒に、私自身も、民間交流を、がんばります。

|

« 11月20日(木):近畿ソーシャルビジネス・ネットワーキング設立記念キックオフセミナーのお知らせ | トップページ | デザインは雇用を生む ~ 上海の社会起業家、Home Sweet Home 訪問 »

時事コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31850/43028009

この記事へのトラックバック一覧です: オバマ氏当選:

« 11月20日(木):近畿ソーシャルビジネス・ネットワーキング設立記念キックオフセミナーのお知らせ | トップページ | デザインは雇用を生む ~ 上海の社会起業家、Home Sweet Home 訪問 »