« 大阪のドヤ街、釜ヶ崎を歩く ~すぐそばにある、社会の課題~ | トップページ | 日本の社会起業家の横綱、語る。 »

12月19日締切: ISL社会イノベーションセンター アソシエイト・プログラム(2009年1月開講)へのお誘い

更に自らを高めたい方、ぜひ、ご応募ください。

「人生は人の顔のつながり」といいますし、創業の試行錯誤の段階で、下記の方々と出会える事は、かけがえないと思います。

以下のメールでは、呼びかけ人の伊藤さんの意気込みが伝わってきます。 大事業と思います。

(以下、引用です。)

こんにちは。NPO法人ISLの伊藤健です。皆さん、いかがお過ごしですか。

本年3月にGE社を辞し、4月にNPO法人ISLに参画してから半年、ようやく皆さんに僕が取り組む最初のプロジェクトについて、お知らせできるタイミングがきました。

ISLでは、「社会イノベーションセンター」を2008年12月に立ち上げます。センターは、社会イノベーションの先端人材を支援、養成し、社会イノベーションを促進する本格的なプラットフォームです。

そのセンターが最初に手掛ける事業であるアソシエイト・プログラムに、センターの一員(「アソシエイト」)として参加して、日本の新しい社会イノベーションを、僕らと一緒に作り出しませんか?

アソシエイト・プログラムは、ISLのネットワークから、第一線の戦略経営コンサルタント、社会事業の経験者、世界のトップ・ビジネス・スクールで教鞭を取った方々を、講師やチューターに迎え、ビジネスのフレームワークがどのように社会的事業に適用可能か、実現に何が不可欠か、自分に何ができるかを徹底的に議論する「場」です。

アソシエイト・プログラムでの体験は、次の4つの要素から構成されます。

①ソーシャル・ビジネス
 独自のビジネスモデルを構築し検証する視座と能力を開発
②フィールド・ビジット
 国内・海外(バングラデシュ・ダッカ、韓国・ソウル)と国内の社会イノベーション事例の実際を、自分の目で確認
③ソーシャル・ビジネス・プランニング
 自らが行動の主体となって、問題意識を先鋭化し、自らビジネスモデルを構想し、アクションを具体的に想定
④リーダーシップ
 社会イノベーションの実現に不可欠となるリーダーシップの在り方を自分に引き付けて考える

この6か月、延べ80時間程度のプログラムは、企業家精神と社会的視野の両者を併せ持った社会イノベーターを輩出し、相互に触発するコミュニティを形成することをその大きな目的しています。(詳細については、以下の概要をご参照下さい)

僕自身は、米国でのビジネス・スクールへの留学を経て日本に戻り、社会起業というコンセプトに触れ、SVP東京(ソーシャルベンチャー・パートナーズ東京)の活動に参加する中で、日本の社会イノベーションの可能性に夢を描き、時には歯がゆい思いをしてきました。今回、これまでの思いを、ISLというプラットフォームの中で、本格的に具現化できることに、わくわくしています。

本来、社会イノベーションの動きは、社会のニーズを満たすために、様々な事業が起こされる中で、新しい価値観や仕組みが生まれ、ビジネス・セクターやパブリック・セクターがその変革の担い手として、社会全体のシステムを変質させていくものです。しかしながら、今の日本には、こうした社会イノベーションを実現する基盤として、人材育成のプラットフォームとコミュニティ、特にビジネス・セクターからの関与と世代間の連携が大きく欠如しています。

僕がISLに参画した理由、そして今回、ISLが社会イノベーションセンターで実現するものは、こうしたプラットフォームとコミュニティの形成を、ビジネスセクターを基盤にし、リーダーシップ教育のノウハウを蓄積したISLが、その一翼を担うことで、オール・ジャパンで、世界に対して、社会イノベーションを発信していこうとするものです。

ISL社会イノベーションセンター、アソシエイト・プログラムは、2009年1月27日開講予定。
第1期となる最初の受講生(アソシエイト)は、24名を募集します。
日本の社会イノベーションを創出する、コミュニティへ。
我こそはと思う方の、積極的な参加をお待ちしています。

ISL社会イノベーションセンター
統括ディレクター

伊藤健

=======================================

ISL社会イノベーションセンター、アソシエイト・プログラムの開始にあたっての運営メンバーは以下の通りです。

【運営メンバーと賛同人・講師】

運営統括には、私、伊藤健(ISL社会イノベーションセンター統括ディレクター、元GEキャピタル・リーシング)と、向谷一(むかいだに・はじめ)(ISL理事長補佐、元リクルート)があたります。
そのほか、プログラムの賛同人、講師/スピーカー/チューターは以下の通りです。文字通り日本の社会イノベーションを担うキャストが勢ぞろいしています。(順不同、敬称略)

藤原和博 (前ISL諮問委員、前杉並区立和田中学校長、元リクルート・フェロー)
上山信一 (ISL主幹事、慶應義塾大学教授、前ジョージタウン大学客員教授)
大石佳能子(前ISL理事、メディヴァ社長、元マッキンゼー・パートナー)
福島 正伸(アントレプレナーセンター 代表取締役)
冨山和彦 (ISL主幹事、経営共創基盤CEO、前産業再生機構専務)
渋澤健  (コモンズ投信株式会社 会長)
太田直樹 (ISL運営幹事、ボストン・コンサルティング・グループパートナー&マネージング・ディレクター)
山本美樹夫(ISL運営幹事、A.T.カーニー プリンシパル)
井上英之 (慶應義塾大学総合政策学部専任講師、SVP東京代表)
影山知明 (ウィルキャピタルマネジメント ヴァイスプレジデント)
駒崎弘樹 (フローレンス代表理事)
藤沢 烈 (RCF代表取締役、元マッキンゼー)
本城愼之介(音別代表、元楽天副社長)
宮城治男 (ISL主幹事、ETIC.代表理事)
渡邊奈々 (フォトグラファー、「チェンジメーカー」著者)
野田智義 (ISL理事長、前インシアード経営大学院教授)

【ISL社会イノベーションセンター アソシエイト・プログラムの特色】

アソシエイト・プログラムは、単にコースワークを受講する受け身の学習・研修ではなく、厳選されたカリキュラムが提供する視座を、選抜された受講生が能動的に議論を重ねる中で本当の学びを得る、相互の触発(ピア・ラーニング)を中心としています。
アソシエイト・プログラムの特色は以下の通りです。
* ISLのネットワークから、第一線の戦略コンサルタント、世界のトップ・ビジネス・スクールで教鞭を取った講師陣により、これまでに日本ではなかった社会イノベーションについてのカリキュラムを提供
* 強い社会的意識と、実務経験に裏打ちされた、選抜されたアソシエイト(受講生)のピア・ラーニングを中心に、社会イノベーターが集い、相互に触発するコミュニティを創出
* クラスルームでのセッションに加え、社会起業家へのフィールド・ビジット、自らのソーシャル・ビジネスプランの作成を含む6ヶ月間、約80時間のプログラム
* ビジネスプランのプレゼンテーションでの優勝者には、「ISLフェロー」として認定、ISL全体の活動に参加が可能となる。また、実現に向けて行動する際の準備資金として100万円を提供するほか、ISLがメンタリングとネットワークによるサポートを提供
* オプショナルとして希望者には、バングラデシュへの社会起業家ビジットを含むスタディ・ツアー(2009年2月上旬~中旬予定)、韓国・ソウルにて開催予定の東アジア社会起業家サミット(2009年6月中旬予定)への、実費での参加も可能

【アソシエイト・プログラムの参加対象】

現在ビジネス・セクターやNPO、パブリック・セクターに身を置きながら、将来的には社会起業を志す、原則実務経験5年以上の社会人をアソシエイトとして募集します。
既に社会的事業を自ら立ち上げ、運営した経験を持つ方については優先的に考慮します。また学生・大学院生については社会人に準じる見識を持つ方を対象とします。

【アソシエイト・プログラムの開催概要】

(1) 期間:2009年1月27日から7月18日の約6ヶ月間
(2) プログラム:月3回程度(平日夜2回、週末1日)の活動時間。内訳は、合計12回の集合セッション(合宿1回を含み、約60時間)、2回のフィールドビジット、その他にビジネスプランニング等の個人・グループワーク(約20時間を想定)。国内外で活躍する社会起業家を招いてのフォーラム(合計4回)への参加。
(3) 参加費用:受講料は無料としますが、教材費を含む諸経費として52,500円を負担いただきます。尚、合宿、フィールドビジット、海外プログラムへの参加費用は別途実費が必要です。
(4) 参加条件:アソシエイト・プログラムの開催趣旨を理解し、積極的にプログラムに参加すること。事前アサインメントの提出、プログラム全体の80%以上の出席と参加の他、ソーシャル・ビジネス・プランニングの最終プランの提出が必須となります。

【お問い合わせ先と応募締切】

本プログラムにアソシエイトとしての参加にご興味のある方は、center@isl.gr.jp まで、詳細資料をお申し込み下さい。折り返し、詳細資料と、説明会日程等のご案内を差し上げます。
応募締切:2008年12月19日

|

« 大阪のドヤ街、釜ヶ崎を歩く ~すぐそばにある、社会の課題~ | トップページ | 日本の社会起業家の横綱、語る。 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31850/43146386

この記事へのトラックバック一覧です: 12月19日締切: ISL社会イノベーションセンター アソシエイト・プログラム(2009年1月開講)へのお誘い:

« 大阪のドヤ街、釜ヶ崎を歩く ~すぐそばにある、社会の課題~ | トップページ | 日本の社会起業家の横綱、語る。 »