« 11月6日(木)以降:アルバイトさんを求人します | トップページ | 「哲学者が語る金融危機の裏側」 »

高島平再生プロジェクト「社会起業家という生き方」の感想

10月26日の高島平再生プロジェクトに参加くださった方々の感想を、お知らせ頂きました。

以下に、引用を通じ、ご報告します。

今日は、田辺さんの講演を聞いて、今までの考え方をもう一度考え直すきっかけになって良かったです。
僕自身、日本が経済成長を一辺倒でやってきて頂上を目指すために邪魔になもとを捨てて、また犠牲にした物に対して疑問を感じ、何が捨てられたのか考えるヒントを与えられた気がします。
今日は素晴らしい企画をありがとうございました。

他分野のお話を聞くことで新鮮な始点を頂けました。
社会起業、という意義ある取り組みをされている方がたくさんいることを知り、いい機会を得られたらと思います。
個人的にはカフェサンク中に入れたのが楽しかったです。

井上さんの熱い思いが伝わるステキな企画でした。
「高島平が変われば日本が変わる」
私も本気でそう思います。
引き続き応援しています!!

今までの大東の企画で一番楽しかったです。井上さんのコーディネート力のすごさ、尊敬します!夢とかいろんな話をいつかもっとゆっくり聞きたいです。

沢山集まってよかったですね。
高島平と大森、東京の北と南の端っこから東京を変え日本と変え、市民が築く、自治のある社会を実現化させましょう!!

若い人たちの力と熱意を受け容れる必要性があります。
まだ、亀の甲より年の功などと言われますが、日本には「出るくいは打たれる」という“ことわざ”があります。
又、老害(社会的な改革に対抗する人たちが大勢いるのも問題例として日本プロ野球界に「ナベツネ」のような癌がいる)
皆、蛙人間にならないよう、互いにガンバルことか!

とても感動しました。
私も是非、高島平のプロジェクトに少しでもお役に立てることをしたいと思います。

最後に井上さんが言っていた、補助金がなくなった後の高Pが心配だったので是非このプロジェクトに参加して行きたいです。
とても興味があります。

「政治が期待できない」「行政が期待できない」口ぐせのようにおっしゃる方が多いのですが、それを変えなくてはいけないと思います。政治・行政抜きで社会は回ることはないと思うのです。
硬直化してしまったこれらを市民・NPO・NGOといった側からアプローチすることこそ重要だと思います。その意味で田辺さんの活躍を応援しています。

田辺さんの講演は何度か聞かせていただいてますが、いつも何かしら新しい考え方を知ることができます。
今回は高島平に初めて来て、実際に団地を見て「自殺の名所」と言われるのも何となくわかりつつ、雰囲気を感じることが出来たのが一番良かったです。

ボランティアやNGO・NPOに関心があった為に学生の頃はこのような講演を聞く機会も多くあったが、一般企業に就職した今、なかなか触れることもなく(情報に)今回は大変良い機会をいただけたと思う。ありがとうございました。
この会合や活動をより拡げていく為には、元々関心を持っている、学生・教員・地域の人・業界人だけではなく、自らアクセスしない人たちに向けて、どうやって発信し、呼び込むかを考えることが大切だと思う。
そういう人の中にも、強い意志と可能性を持っている人がいるものなので。

今回の主旨から外れているかもしれませんが、田辺さんのことをもって知りたかったです。
難しいかもしれませんが、先に講師の方と食事ができ、講演会が盛り上げればなお良い会になってのではないかと思います。社会起業についてある程度知っている者としては。

とてもよかったです。また詳しく聞いてみたいです!!

田辺さんの話は何回か聞いているので新しい発見は少なかったのですが、高島平再生プロジェクトの内容や今後の展開がわかり、興味を持ちました。

社会起業家の方の行動力がすごいと思いました。これから社会人となる僕には、とてもためになる話でした。

講演がわかりやすくて良かった。
今後の活動を期待しています。
具体的な形に出来るよう頑張ってください。

バングラディッシュのジュートで作ったバッグの話は、国際関係学部にも通じているので、東松山キャンパスでも講演して欲しいと思った。

とても良く理解できました。
実践されている方の言葉は重みがあります。
井上さんのプレゼンも良かったです。

良かった。又やってほしい。

非常に勉強になる事ばかりでした。
今後もバックアップさせてください。

司会の女性の心意気が感じました。
先のことを思い描くのは苦手なのですがビックビジョンを持ちたいと思います。

問題解決を目的とせず、能力・技術を生かすことで
ビジネスにつなげられるという可能性があるんだという事は目からウロコでした。

今後、参加させて下さい。
自分の力を知る→行動する→感動というコミュニケーションの輪をお作りするお手伝いができると思います。

講演後、文章を書いてくれた方もいます。(ポイントのみご紹介)
本日は大変有意義な講演会を拝聴させていただき、ありがとうございました。現代GP終了後のカフェ・サンクの在り方を探る良いヒントが得られたものと思います。
感想や考えさせたれたことを申し上げます。
■社会的課題の中から何をメインに取り上げて起業するか
・田辺さんが取り組んでおられる事業は将来にわたっても目や耳に障害のある方が世の中からいなくなることはない→普遍的課題→世界的広がりへ(持続可能)
・高島平地域をベースとした課題の中から何を取り上げるか→課題は流動的→フレキシビリティが不可欠→高島平で社会起業するというのは、ずっと大変なのでは
田辺さんが言っておられた「社会起業家が順調に伸びていくキーポイント」の四番目「戦略を持ち、経営を実践する」ことが重要だろう。
■政治や行政について
 社会の中でおきていることは政治や行政と切り離すことはできない。莫大な援助金のほとんどを国の上層部にいる人たちの懐に入れていたら大問題。富国民の民間人が貧困国の民間人をフェアトレードというしくみを通して助けることはとても評価しますが、一方、国際的な援助金を懐に入れて知らん顔している政府への、何らかの抗議や働きかけも必要ないのか。

他にもお電話でこんなことを言ってくださった方もいます。

・全体的な流れが良く分かって良かった
・最後に具体的なことが欲しかった
・社会起業と企業の違いは?
・意識が変わった。みんな集中して聞いていて、質が良かった!
・講演会がとても良かったと聞き、凄く参加したかった。障害者の知り合いにも聞かせたかった

|

« 11月6日(木)以降:アルバイトさんを求人します | トップページ | 「哲学者が語る金融危機の裏側」 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31850/42958752

この記事へのトラックバック一覧です: 高島平再生プロジェクト「社会起業家という生き方」の感想:

« 11月6日(木)以降:アルバイトさんを求人します | トップページ | 「哲学者が語る金融危機の裏側」 »