« 11月19日:サステナブルな社会構築に向けて~企業と投資家に求められること~ | トップページ | 10月30日:まちづくりと非営利市民事業―日本版CDFIの提案 »

「日本資本主義の父」の子孫、渋沢氏が個人向け投信運用へ

創設を、おめでとうございます。 渋澤健さんのブログは、こちらをお願いします。

昨今の金融危機に、心が落ち着いて臨めるのは、渋澤さんのご示唆を拝見し、「短期でなく、長期でものを考える」という視点を、養えてきているからでは、と感じます。

将来の世代に向けて、今から、できることがあります。

(以下、引用です。)

「日本資本主義の父」の子孫、渋沢氏が個人向け投信運用へ

 日本の資本主義の父とも呼ばれる渋沢栄一の子孫である渋沢健氏(47)が個人向け投資信託の運用に乗り出す。同氏は1990年代後半に米系ヘッジファンドのムーア・キャピタルで運用や調査を担当。ヘッジファンド出身者が一般の個人投資家を相手にした運用業に転身する例は珍しい。

 渋沢氏はこのほど本格的に動き始めた独立系の新会社、コモンズ投信の会長を務める。12月中旬にも募集を始め、来年1月下旬にも運用を始める見通し。販売会社を通さずに直接、投資家に販売する。

(日本経済新聞 2008年10月22日)

|

« 11月19日:サステナブルな社会構築に向けて~企業と投資家に求められること~ | トップページ | 10月30日:まちづくりと非営利市民事業―日本版CDFIの提案 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31850/42886417

この記事へのトラックバック一覧です: 「日本資本主義の父」の子孫、渋沢氏が個人向け投信運用へ:

« 11月19日:サステナブルな社会構築に向けて~企業と投資家に求められること~ | トップページ | 10月30日:まちづくりと非営利市民事業―日本版CDFIの提案 »