« 日刊工業新聞にて、専門家コメントを致しました。 | トップページ | テレビに出ればよいのか »

繊細な人に。

先日、あるNPOの方から、ご相談をいただきました。

心労が、たえないご様子でした。

こころが繊細ゆえに、社会の課題に気づき、自分がやるしかない、と起業してしまう人は、社会起業家では、多いのではないでしょうか。

従来のベンチャー起業者が、脂ぎって、儲け話に、身を乗り出す感じと、対照的です。

繊細な人が、社会起業家として、フロンティア開拓を始める。

フロンティアという未開の地なので、危険ですし、心身への傷も入りやすい。

傷は、他の人よりも最初に、しかも、深く入ることがある。

寒天の表面に、傷がすーっと入るようです。

しかも、繊細ゆえに、心配が募りすぎて、かってに自滅する場合があります。

これは、さしずめ社会起業家の自滅癖と言えましょう。

ただ、打ち明けますと、私も過去上記のような心労をして、自滅していくのではと思うときに、「いかん。 これは自滅癖だ」と思い直して、自分をコントロールしていました。

創業者は、重圧と友達になるしかないと思います。 向き合うしか、ありません。

|

« 日刊工業新聞にて、専門家コメントを致しました。 | トップページ | テレビに出ればよいのか »

社会起業家」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31850/42267219

この記事へのトラックバック一覧です: 繊細な人に。:

« 日刊工業新聞にて、専門家コメントを致しました。 | トップページ | テレビに出ればよいのか »