« 9月7日(日)・12日(金):東京と大阪にて、ビッグイシュー100号&5周年 記念イベント ~茂木健一郎さんらも登壇~ | トップページ | 時間あたりの生産性 »

ケーススタディ思考

伸び悩んでいる社会起業家と、伸びている社会起業家の差は何かと、考える日々です。

いくつかあると思いますが、中でも、「他の事例の研究が熱心か」があると思います。

ケーススタディ(事例研究)をしているか。

例えば、現場にいますと、たまにですが、意外と他の団体の話には、関心が薄い実践者にお会いする事があります。

国内、海外を問わず、かなり有名な団体の事例でも、「それ、知らないです」。

当然ながら、伸び悩んでいる事が多いです。

と申しますか、ケーススタディ思考をせずして、伸びている実践者に、まだ、お会いした事は私はありません。

一方、伸びている社会起業家の方にお会いしますと、研究熱心です。 セミナーに積極的にフロア参加したり、書籍や、他の実践者のブログにも、まめに目を通している様子を、お話くださいます。 研究対象は、営利・非営利を問いません。

伸びている社会起業家は、ケーススタディ思考があり、すなわち、事例を目にすると、まず、「その事業の構造は何か」と、瞬時に考え始めています。

「課題認識は何か」「対象顧客は何か」「収支構造は」「値決めは適正か」「ソーシャル・イノベーションは」「経営上の問題は」「どう共感を得ているか」等と、短時間の間に、頭をフル回転しています。

|

« 9月7日(日)・12日(金):東京と大阪にて、ビッグイシュー100号&5周年 記念イベント ~茂木健一郎さんらも登壇~ | トップページ | 時間あたりの生産性 »

社会起業家」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31850/42331559

この記事へのトラックバック一覧です: ケーススタディ思考:

« 9月7日(日)・12日(金):東京と大阪にて、ビッグイシュー100号&5周年 記念イベント ~茂木健一郎さんらも登壇~ | トップページ | 時間あたりの生産性 »