« 秋葉原の事件について | トップページ | NHK・ETV特集「見えないを生きる」 »

ブログ運営は、花を育てるように。

Tp316

ブログの運営は、花を育てるのと同じと思います。

ブログの内容を、常に頭で考え、文章にし、更新し、読者の方々から下さいましたお問い合わせや反応に、可能の限りですが、日々対応しています。

毎日、花に水をあげるのと同じです。 

たとえ、内容が平凡であっても、毎日せっせと続けることで、価値ある情報が生まれていきます。 愛でるほどに、花は、開花してくれます。

ベンチャー経営者の場合、取引先さんへ、日々「元気です」と、お伝えできる効果もあります。 

いわゆるブログランキングに登録も良いと思いますが、ランキングに一喜一憂する必要はないと思います。 以前、事情をよく知らず、私はランキング登録をしたことがありましたが、記事の内容よりも、ランキングを上げるためのテクニックを使用するだけのブロガーさんもいたことがわかり、今、このブログは、ランキング登録をしていません。

ランキングや、アクセス数は、一つの指標にすぎず、むしろ、書き手がどうありたいのか。 そして、読者の方々へ、有益な情報を提供できるかが、鍵と思います。 「有益」の内容とは、読者・書き手のいずれにも、自由な解釈があると思います。

そして、忙しい人であっても、各界のオピニオンリーダーの方々は、ほぼ毎日、ブログを更新しています。

例えば、

佐々木かをりさん(イー・ウーマン代表)

茂木健一郎さん(脳科学者)

渋澤健さん(シブサワ・アンド・カンパニー代表)

「ほぼ毎日更新」で、面白みを感じましたネーミングは、

糸井重里さんの「ほぼ日刊イトイ新聞」です。

多忙を極めても、毎日考え、書く中で、クリエイトできる。 創造力を増していくと思います。 それが、「一緒に仕事したい」とお考え下さる方との出会いにもなると思います。

一方、私が愛します社会起業家業界で、ブログ更新が滞ってしまう人も、多く拝見します。

しかし、他の業界の方々が、上記のように、必死に日々のブログ運営を通じて、世の中と向き合っているのです。 もちろん、様々のご事情があると思いますが、私達は、今の自らの立ち位置に、安住してはいけないと思います。

共に、常に外の世界と向かい合い、よき表現者を目指していけたらとの思いです。

最後に、ブログ更新は、楽しさが大切と思います。 花を育てるのも、楽しさゆえに、育てられるものと思います。

【ご参考】 冒頭の写真は、東京の下町の曳船で、カフェとお花屋さんをなさっている「イル・フィオレット(イタリア語で、小さな花たち)」さんの作品です。http://www.ilfioretto.com/

|

« 秋葉原の事件について | トップページ | NHK・ETV特集「見えないを生きる」 »

社会起業家」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31850/41479233

この記事へのトラックバック一覧です: ブログ運営は、花を育てるように。:

« 秋葉原の事件について | トップページ | NHK・ETV特集「見えないを生きる」 »