« キレイな社会起業家 | トップページ | エコピリカ・高原月子さん、テレ朝に登場 »

気をつけましょう

先日、とあるNPO(団体Aとします)から筆者に「これ、どういうメールなのでしょうか?」との相談がありました。

どういうものかを聞いてみると、資金が潤沢な、あるNPO(団体Bとします)からのメールでした。 例えば「5万円会員を5口で、計25万円で、入金したい。 至急に入金したいので、よろしくお願いします」という内容のものとの事です。

ただ、そのような申し出を受ける側のNPOの団体Aは、初めてのことです。

いつも福祉を現場で行っていて、お金のことは皆目わかりません。

不審になって、ただ、メールに当惑していました。 「会ったこともない人から、いきなり『会費を振り込みたいです』といわれても。。。」

この資金の潤沢なNPOである、団体Bは、本来の志は潔いものではと思います。 そして、全国のNPOの中には、本当にお金に困っていて、お申し出に助かるところもあると思います。

しかし、上記のような方法で、いわば勧誘活動のようなメールを、他のNPOに送ってしまうのは、さすがにいかがかと思います。 通常、NPOが資金調達するには、助成金が一般的ですが、かなりの労苦の仕事です。 

そして、お金を振り込まれたら最後で、受けたNPOは、その後、どうなってしまうのでしょうか。 受ける側にとっては、大事な問題であり、勧誘活動のようなメールで済まされません。 

お金の話です。

単に伝え方の問題の次元ではないと思います。 そして、一方的でなく、相手の立場に立った、良いコミュニケーションが必要と思います。

|

« キレイな社会起業家 | トップページ | エコピリカ・高原月子さん、テレ朝に登場 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31850/41253145

この記事へのトラックバック一覧です: 気をつけましょう:

« キレイな社会起業家 | トップページ | エコピリカ・高原月子さん、テレ朝に登場 »