« 「加藤哲夫のブックトーク」 | トップページ | イノベーティブに(独創的に)考えるには »

休養の大切さ

GWということで、休むことの大切さについて、エピソードがあります。

2003年に筆者は創業して以来、休み無く走り続けてきました。

いわば、フルマラソンで、スタート時から、給水せずに、全力疾走を続けるようなものです。

確かに「ベンチャー経営者は、休んではいけない」との根性論もあります。

しかし、昨年の秋。 働きすぎて、心身ともボロボロになっていきます。 幸いに、新聞掲載や、TV放映等を頂いても、即座に収入が増えるわけでもありません。

あるとき、服に穴が開いているのに気づきました。

「服はボロボロになったら、新しいものに変えることは出来るが、身体はボロボロになっても、代えは無い。。」

「オンとオフの切り替えが大切です」という意味が、本当にわかるようになったのは、今年に入ってからと思います。 鍵は、チーム作りと、仕事のメリハリです。

GWは、ゆっくり過ごそうと思います。

|

« 「加藤哲夫のブックトーク」 | トップページ | イノベーティブに(独創的に)考えるには »

社会起業家」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31850/41028969

この記事へのトラックバック一覧です: 休養の大切さ:

« 「加藤哲夫のブックトーク」 | トップページ | イノベーティブに(独創的に)考えるには »