« 3月23日(日):平成19年度障害者在宅就業支援セミナーチャレンジドの社会参加と就業を目指して | トップページ | 3月23日:インパクト東京から、子供の護身術の講習会 »

多摩大学付属中学校にて、「社会起業家」の授業

P2200015

2月20日(水)、キャリア教育を推進する、NPO法人おとな・イン・エデュケーション(OiE)の主催で、多摩大学付属中学校(2年生・共学)にて、社会起業家についての授業を担当しました。

授業のレポートを、OiE学生スタッフの松浦さんが、書いてくださいました。

松浦さんは、今回の授業の進行をサポート下さる中で、社会起業家に始めて出会い、客観的な視点で、感想を書いてくれました。

 "「100%有り得ない」と自分を決めつけ、人生の可能性を摘み取ってしまうのはとても損なことなのだなと思いました。" 

松浦さんの授業レポートは、新しい概念に出会った、若者の希望を感じます。 ぜひ、こちらをご覧ください。

その後、同校の先生から、生徒の感想をファイルの冊子にして、筆者宛に郵送をくださいました。 早速のご対応を、ありがとうございます。

下記は、ある女子生徒さんからの授業の感想です。 (名前は匿名にします。)

Tamajhs_20080220_2 上記のアンケート用紙に触れられている言葉を、こちらにもご紹介します。

「何であれあなたができること、またはできると夢見る事は、始めよ。大胆さは英知と、力と、魔法を秘めている。」(ゲーテ)

"Whatever you can do, or dream you can, begin it. Boldness has genius, power, and magic in it." --Geothe

|

« 3月23日(日):平成19年度障害者在宅就業支援セミナーチャレンジドの社会参加と就業を目指して | トップページ | 3月23日:インパクト東京から、子供の護身術の講習会 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31850/40397978

この記事へのトラックバック一覧です: 多摩大学付属中学校にて、「社会起業家」の授業:

« 3月23日(日):平成19年度障害者在宅就業支援セミナーチャレンジドの社会参加と就業を目指して | トップページ | 3月23日:インパクト東京から、子供の護身術の講習会 »