« 東京都社会的企業家セミナー 忘年会 | トップページ | ソーシャル・イノベーションとは(定義) ~社会起業家にとって、最も重要なものは、共感~ »

新年のご挨拶

新年 明けまして おめでとうございます。

筆者は、大晦日は紅白を見まして、0時を回り、新年になってから、近所に初詣に出かけました。

紅白を見ながら、2008年はどんな年になるかと考えました。 決して、世界も国内も楽観できないと思いました。

サブプライムローン問題による景気後退は進み、個人消費の冷え込み、そして、法人需要にも影響が出てくるでしょう。 そして、残念ながら、人類の欲は止まらず、社会単位の取り組みをしない限り、自然環境は悪化するでしょう。 一人、一人は、ささやかな環境保全の取り組みでも、集合になると、掛け算が生まれて、大きな力になります。 ですので、あきらめないこと。 そして、社会単位の新しい工夫(ソーシャル・イノベーション)が大切と思います。

そのような逆境の中でも、世の中から希望をかけられている社会起業家は、手堅く成長せねばならず、「2008年は、社会起業家の年」と、脚光を浴びてきていますが、景気に左右されない実力で、世界水準の仕事をせねば、と筆者は思います。

と、景気の先行きに、経営者として気を引き締めつつ、一生に一度しかない一瞬、すべてに感謝して、お参りをし、世の無常や、レンブラントのように、人間の内面に思いを馳せながら、気づくと、元旦の満天の星空のもと、近所の神社仏閣をはしごして、12箇所を回っていました。

。。。と、筆者は何の宗教もやっていませんが、二ツ宮神社にて、お参りしているとき、どうしてだったのか、ふと「あ。 俺、今年、結婚する」と思いました。

確かに、社会起業家として創業6年目に入り、収入が比較的安定してきましたので、もう結婚できるのです。 いくさに明け暮れ、仕事尽くしでしたが、ようやく恋愛をしようという気持ちになりました。

まず、運命の人は誰なのか、これから出会うことになると思います。 そして、いのちを子孫に継ぐ。 世代をかけて地球を治していこう。 冷静に見ると、突拍子な発想かもしれませんが、今年は、仕事もさることながら、楽しく恋愛にいそしもうと思いました。 数年ぶりのデートざんまいの日々にしようと思いました。

ともあれ、今年も、よろしくお願い申し上げます。

|

« 東京都社会的企業家セミナー 忘年会 | トップページ | ソーシャル・イノベーションとは(定義) ~社会起業家にとって、最も重要なものは、共感~ »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31850/17541422

この記事へのトラックバック一覧です: 新年のご挨拶:

« 東京都社会的企業家セミナー 忘年会 | トップページ | ソーシャル・イノベーションとは(定義) ~社会起業家にとって、最も重要なものは、共感~ »