« 【求人】 銀座のカフェ「樹の花」にて、カフェスタッフ募集 | トップページ | 忘年会風景 ~税金はいくらあっても足りない?~ »

もし食料輸入がとまったら 東北大で国内生産だけの食堂メニュー

「まずやってみよう」と東北大が動き出したようです。 首都圏でも、話題を生むイベントになると思います。

(以下、引用です)

http://sankei.jp.msn.com/economy/business/080102/biz0801021727000-n1.htm

もし食料の輸入が止まったら…。そんな設定で日本の食糧自給率39%を実感してみようと、東北大の学生グループと同大生活協同組合が共催で、国内生産物だけで供給可能な1日1人2020キロカロリーの食事メニューを15、16の両日、仙台市の川内キャンパス食堂で提供する。ご飯とイモ中心のメニューは、昭和20年代後半のカロリー水準。学生らは「日本の食糧事情の危うさを体感してみたい」と話している。

 企画したのは、法学部で食糧安全保障を研究しているゼミの学生5人。昨年10月から干魃(かんばつ)などで厳しさを増す世界の食糧事情と日本の自給率の低さについて討論してきた。しかし「危ういといわれても実感がない」と議論は空転。それなら「自分たちも含め、学生や地域の人たちに広く関心を持ってもらうきっかけにしようと」と大学の生協に協力を仰ぎ、2日間だけの「日本SHOCK!フェア」を開くことにした。

 メニューは国内生産物だけで供給可能とされている1日1人2020キロカロリーを基準に、農水省が例示している基本メニュー=イラスト=を忠実に再現する予定。材料も国産にこだわるという。

 法学部2年、保理利光さん(20)は「メニューはイラストでみただけで正直食べたいとは思わないが、これではいけないとも思う。実物を前にすれば具体的な危機感となり、次の考えや行動につながると思う」と話し、ビラなどを配布してほかの学生たちにも呼びかけていくという。

 特別メニューの提供は両日とも朝昼夜各30食。

(産経新聞 2008年1月2日)

|

« 【求人】 銀座のカフェ「樹の花」にて、カフェスタッフ募集 | トップページ | 忘年会風景 ~税金はいくらあっても足りない?~ »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31850/17559565

この記事へのトラックバック一覧です: もし食料輸入がとまったら 東北大で国内生産だけの食堂メニュー:

« 【求人】 銀座のカフェ「樹の花」にて、カフェスタッフ募集 | トップページ | 忘年会風景 ~税金はいくらあっても足りない?~ »