« 社会起業家とNPOの違いとは | トップページ | NHK「ワーキングプア」と社会的企業 »

良い手帳とは

筆者は、2006年まで、手帳を持たずに、日程やメモなど、パソコンにすべて入力していました。 今まで、いろいろの手帳を試して見ましたが、自分には、何かしっくり来なかったのです。

しかし、社会起業家として、多くの仕事を進める中で、より良い時間管理のあり方はどうしたらよいのかと、昨年末に、悩んでいました。

パソコンのスケジュール入力は、集計機能等は便利ですが、見易さや、入力の容易さでは、効率が落ちます。 

そんなとき、ふと、使いやすい手帳に出会いました。

きっかけは、テレビ東京「カンブリア宮殿」(2006年12月4日放映)で手帳特集が組まれて、佐々木かをりさんと、野口悠紀雄さんが、それぞれ考案された手帳について、紹介されていました。

筆者は、佐々木さんが、会社経営と子育てを両立しながら、工夫して、時間を有効に活用されている様子に、感銘を受けました。

手帳では、スケジュールの記入欄が、縦軸になっていて、移動時間や食事の時間なども、こまごまと記入し、リードタイムを、目で見て確認できること。

長期でも、短期でも、目標に決めたことは、その場で手帳に記入して、クリアしたらチェックマークを入れていく事も、漏れなく仕事ができる為に、良いと思いました。

早速、放送直後に、書店に行き、佐々木さんの手帳を買いました。

そして、2007年。 師走を迎えました。 今年は社会起業家元年とも言われた年でしたが、いろいろの仕事ができました。

一起業家に過ぎなかった筆者が、多くの仕事を同時進行でき、成果を上げられたのは、この手帳のおかげと思います。 

昨年までは、パソコンで、スケジュール管理をしてきたのですが、例えば、パソコンでは、スケジュール入力画面を読み出すのに、時間がかかります。 「電源を、今入れますから」と、お客様をお待たせしたり、折り返して電話でアポを取り直したり、となると、お客様にお手間をかけてしまいます。

今、打ち合わせや、電話をかけている間に、手帳を開いて、日程を即決できるので、仕事のリズムが、格段に良くなりました。

来年も、仕事のリズムがよくなる、佐々木さんの手帳で、がんばろうと思います。

別に宣伝を頼まれたのでも、何でもないのですが、佐々木さんの手帳は、書店や、ウェブで購入できます。

|

« 社会起業家とNPOの違いとは | トップページ | NHK「ワーキングプア」と社会的企業 »

時事コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31850/17381800

この記事へのトラックバック一覧です: 良い手帳とは:

« 社会起業家とNPOの違いとは | トップページ | NHK「ワーキングプア」と社会的企業 »