« 自律 | トップページ | 他流試合 »

KOEIゲームと、経営力

「経営者になるには、どんなトレーニングが良いですか?」との質問を、学生の読者の方から頂きました。

以前のブログにもご紹介しましたが、筆者は、例えば高校時代は、国語の先生になりたいと願っていたように、そもそも経営者タイプではありません。 かなり異質です。

少年期から、株取引のキャリアを始めている起業家もいらっしゃいますが、先天的な天才でなくても、遅咲きでも、経営者になれると思います。

サラリーマンの方で、今は上司や家族からにらまれて、風采が上がらない方でも、社会の課題に出会う事などして、突然変異は起こると考えます。

ただ、経営のトレーニングは、実際に、場数を踏まないことには、どうにもなりません。 海に飛び込むしかないのです。 はたから見ているだけでは、どうにも経営力は上がりにくい。 いつまでもプレイヤーにはなれない。

でも、「役に立ったなあ」と思うのは、KOEIのシュミレーションゲームです。

筆者が大学生のころ、友人から薦められて、ファミコンで「三国志Ⅲ」等を、やりこんでいました。

「まず人材を育成して、開発して、兵糧をためて、外交して。。」と、経営のシュミレーションは、学べます。 今でも、ゲーム体験が、実践の役に立っていると思うことは、正直、よくあります。

NPOの事務局も、多様な関係者と次々にやり取りをして、成果を目指していくのは、KOEIゲームに通じる所も感じます。

もちろん、ゲームですから、リアル(現実)と違います。

ただ、経営の視点が、身体に身につくのは感じます。

まったく、それまで経営に遠かった人に、効果を生むという点では、良いのではと思います。 なお、今、筆者は、毎日が波乱万丈で、フロンティア開拓に忙しく、全くテレビゲームをしなくなりました。 (KOEIさん、すみません。)

社会の課題に突き動かされた瞬間に、突然変異が起こるのですから、人間、何があるか分かりません。 ふてくされていた人に、チャンス到来です。

それは、人間の可能性であり、人間のすごみ、と筆者は思います。

|

« 自律 | トップページ | 他流試合 »

社会起業家」カテゴリの記事

コメント

KOEIの三国志、私も大ファンでした。シムシティーズとかも経営マインドを身につけるよいシュミレーションだと思います。

あと、ドラクエとかのRPGを少年時代にやりこんだのも、自己鍛錬マニアになった理由のひとつかも。

投稿: cloudgrabber | 2007/09/21 03:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31850/16449832

この記事へのトラックバック一覧です: KOEIゲームと、経営力:

» 野村證券 [野村證券でIPO 株のことなら野村證券におまかせ]
野村證券は、ホームトレード、バーチャル株式投資、特定口座など、CMでお馴染みですね。野村證券はサービスが充実していることが売りです。野村證券の特徴を紹介。 [続きを読む]

受信: 2007/09/16 01:14

« 自律 | トップページ | 他流試合 »