« ニッパチにこそ伸びる | トップページ | 社会起業の醍醐味 »

『経済セミナー』9月号にて、社会起業家特集

Keisemi0709_2 

8月27日(月)に発売されました
日本評論社『経済セミナー』9月号にて、
社会起業家特集が組まれています。
http://www.nippyo.co.jp/maga_keisemi/ke0709.htm

今年、社会起業家について、この上ない関心の高まりを受け、
社会起業家で、オールジャパンの執筆陣を目指したものです。

現場の多様なテーマの社会起業家らが、自ら執筆しました。
珍しい、貴重な一冊です。

冒頭の総論を、日本で最初に社会起業家を提唱した
町田洋次さん。
日本の資本主義の父、明治の社会起業家とも
評される渋沢栄一の教えを説く、渋澤健さんからは
社会起業家の資金調達論。
社会起業家の3つの国内事例紹介では、
飯島博さん、駒崎弘樹さん、谷津倉智子さん。
社会起業家の経営論、そして
服部篤子さんの中間支援組織論と続きます。

今回、欧米事例のいわゆる受け売りではなくて、
世界の潮流を踏まえつつも、日本事例に
とことんこだわったことも、冊子の特色です。

社会起業家について気になるビギナーの方は、もとより、
地域・NPOでの勉強会や、大学・大学院でのテキスト、
社会起業家志望者、ビジネスパーソン、求職者、
実践者、研究者、政策立案者の方々にも、わかりやすい、
便利な一冊となっています。

よろしければ、下記の見出しもご参考にいただき、
全国有名書店か、日本評論社さんのウェブにて
ご購入を頂けますと幸いです。 税込940円です。

(日本評論社さんのウェブ購入画面へのリンクです。)
http://www.nippyo.co.jp/shop/maga_index.cgi?Code1=03545&Code2=00709

日本評論社 『経済セミナー』9月号
特集=いま社会起業家に注目しよう!

  社会的な課題の解決を事業として取り組む
社会起業家の新しい動きを検討し、その切り開く
可能性と課題について考える。様々な事業形態や
スタイルで、市場や社会から資源を集め、
新しい仕組みを提示したり、新しい社会サービスを
提供していく社会的企業・社会起業家とは何だろうか?

【社会起業家 総論】
いまなぜ社会起業家なのか――
戦略的な社会貢献に向けて 町田洋次
http://yymachida.ameblo.jp/

【社会起業家の資金調達】
社会起業家の魅力を共通言語で表現すべき 渋澤健
http://alt-talk.cocolog-nifty.com/alternative/

【社会起業家事例-環境】
中心の無いネットワークで社会を変革する 飯島博
http://www.kasumigaura.net/asaza/

【社会起業家事例-病児保育】
こどもが熱を出して失業するふざけた社会を
事業で変革しよう 駒崎弘樹
http://www.florence.or.jp/

【社会起業家事例-ホームレス】
ドヤ街からヤド街へ――ヨコハマホステル
ビレッジ事業が目指すもの 谷津倉智子
http://yokohama.hostelvillage.com/ja/

【社会起業家の経営】
起こそう! 続けよう! 社会起業――
タフな経営力を培うために 田辺大
http://fp.cocolog-nifty.com/se/

【社会起業家の中間支援組織】
社会起業家とネットワーク――
中間支援組織の役割 服部篤子
http://cacnet.org/

|

« ニッパチにこそ伸びる | トップページ | 社会起業の醍醐味 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31850/16261263

この記事へのトラックバック一覧です: 『経済セミナー』9月号にて、社会起業家特集:

« ニッパチにこそ伸びる | トップページ | 社会起業の醍醐味 »