« ニューズウィークにて、「世界を変える社会起業家100」 | トップページ | NPOしなやかネット »

人間にとって最大の仕事

先週、弊社の障がい者マッサージ師の武井悦子さんと、営業で外回りをしていました。

悦子さんは、目がまったく見えません。 でも、ちゃきちゃきの江戸っ子で、前向きで、魅力一杯です。 旦那さんと、素敵な日々を楽しんでいます。

目は見えないのですが、人の心はお見通しです。

そんな悦子さんと、外回り中、ふと「女と男って」という話題で、話し合いました。

悦子さんは、「男が弱くなったから、女が強くなったのです」と話してくれました。

筆者には、実は意外でした。 筆者は「女は、もともと男より強い」と考えていたのです。 女性は、世界の半分を占め、感性も、論理的思考力も、男性より勝る、と筆者は考えています。 

悦子さんは、「男が昔ながらに強かったら、女は今のように強くはならなかったでしょう。 そして、男に愛されている女は、いつまでもかわいらしいです」。

女と男のメカニズム。 勉強になりました。

そして、ふと、晩婚化や少子高齢化が、なぜ進んでしまうのか、に思いが至りました。

確かに、女性が働きにくい職場の問題や、産後の復帰の問題、子供の教育の問題、いろいろあると思います。

でも、男の弱さもあるのではないか。

20代の恋愛で、「この人こそ」と女性が思っても、男は遊んでいたり、向き合えずに、姿を消してしまう。 その後、30代に入り、新しい恋をしても、男性不信がよみがえって、しかも男も弱いので、それを払拭できない。

結果、婚期を遅くする女性が増えていってしまうのでは。

少子高齢化は、男に罪がある、と筆者は思うのです。

この前、ある場で「人間にとって最大の仕事は、子育て。」との言葉も筆者は伺いました。

いのちが粗末にされるのでなく、リスペクトされる世の中に。

女性を大切に。

|

« ニューズウィークにて、「世界を変える社会起業家100」 | トップページ | NPOしなやかネット »

時事コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31850/15770785

この記事へのトラックバック一覧です: 人間にとって最大の仕事:

« ニューズウィークにて、「世界を変える社会起業家100」 | トップページ | NPOしなやかネット »