« 7月7日(土):「起業家ゆめ市場」 | トップページ | 社会起業家になるには »

社会貢献の商業化?事業化?

社会起業家について、おかげさまで、メディアでの掲載が増えました。

「社会起業家が、流行ってきましたね。でも、社会貢献を事業にする、というのは、ボランティアでなく、金儲けするのですか?」とのご意見もあるようです。

筆者は、「商業化」と「事業化」を、分ける必要があると考えます。

「福祉や環境保全など社会貢献型ビジネスは、高付加価値で、これから市場は伸びる。商業化すべきだ」と、参入する事業者は、利益の最大化が目的になります。

一方、従来、社会貢献はボランティアで行われるのが一般的です。ただ、それでは持続性に窮し、事業が長続きできなくなります。スタッフたちは疲弊していき、新規雇用も生みにくくなります。

社会貢献活動が持つ、持ち味を引き出し、ビジネスモデルが回るように設計・実行します。事業化し、福祉や環境保全などの公共サービスを、安定供給できる責任を担えるようにしましょう、というのが筆者の立場です。

ですので、社会起業家は、社会貢献を儲けの種にしよう、という「商業化」をするのではありません。

社会の課題を解決し、子孫やいきもの達が住みやすい世の中を目指すことが目的です。人間の尊厳としての給与を、スタッフに安定的に支払い、社会貢献を持続的に行えるよう、「事業化」します。

ですので、「商業化」と「事業化」は、違います。

|

« 7月7日(土):「起業家ゆめ市場」 | トップページ | 社会起業家になるには »

社会起業家」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31850/15614277

この記事へのトラックバック一覧です: 社会貢献の商業化?事業化?:

» [★★★]
現在PoPは、 世の中のためになることを 秘かに企んでいます ⇔ライタ−タイラ⇔ ザ・ボディショップの、みんなが幸せになるビジネス。日本をロハスに変える30の方法 ― BUSINESS LOHAS世界を変える人たち―社会起業家たちの勇気とアイデアの力未来を変え...... [続きを読む]

受信: 2007/07/01 15:47

« 7月7日(土):「起業家ゆめ市場」 | トップページ | 社会起業家になるには »