« 5月22日:テレビ東京・日経ガイアの夜明け 「社会起業家特集」 | トップページ | ガイアの夜明け その後 »

社会起業とは、絆のあるビジネス。

「従来の起業家と、社会起業家の違いは何ですか?」と、筆者はよく質問をいただきます。

一番の大きな違いは、長続きできる世の中(サステナビリティー)創りへの貢献があるか、と筆者は考えます。

(参考記事:「本田宗一郎は、社会起業家ですか?」)

ですが、その他にも、いろいろありそうです。

・「社会起業家は、お金で買えない価値に着目する」。

・「社会起業家は、希望を生む」。

・「社会起業家は、ダイハード」。(=なかなか死なない。別途書きます。)

そして、

・「社会起業は、絆を大切にするビジネス」。

とも言える、と筆者は感じます。

従来のビジネスは、食うか食われるかで、相手を蹴落として、勝ち負け(ウィン・ルーズ)の決着をつけることが最優先でした。 お金で買える価値以外は、意味がありませんでした。

絆を切ることを目指してきた、とも言えます。 「友達が欲しければ、犬を飼え」(映画『ウォール街』)という言葉は、象徴的です。

しかし、社会起業家は、ビジネスを通じて、絆を大切にします。 

ウィン・ウィン(双方に益する)モデルを創ります。 そこに関わるステークホルダーは、顧客、株主、従業員、金融機関、仕入先等の他に、将来の世代や、いきものも含まれます。

参加するメンバーと志を一つにし、社会の課題の解決を目指します。

|

« 5月22日:テレビ東京・日経ガイアの夜明け 「社会起業家特集」 | トップページ | ガイアの夜明け その後 »

社会起業家」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31850/15171335

この記事へのトラックバック一覧です: 社会起業とは、絆のあるビジネス。:

« 5月22日:テレビ東京・日経ガイアの夜明け 「社会起業家特集」 | トップページ | ガイアの夜明け その後 »