« アメリカ人盲ろう者を招いた講演会 | トップページ | 就職活動に向かう学生の皆さんに »

ソーシャルは、ベンチャー。

「ソーシャルベンチャー」という言葉があります。

ソーシャルは「社会貢献」という意味合いで、ベンチャーは「起業(家)」ですね。
ですので、ざっくり言うと「社会起業家」と訳されたりします。 

ところがです。 「ソーシャルは、ベンチャーだ」と、現場で発見しました。

というのは、最近、このような相談を受けました。

大学を卒業し、大学院に進まれて、いわゆるお勉強は申し分のないとされる、二十代半ばの方でした。

それに加え、在学中に、NPOの設立・運営に関わり、社会の課題への感性や、行動力も見事と感じました。
ミッション(使命)に燃えている方です。

さらに、構想力、成果物作成力、プレゼン力、冷静に見て、いずれも申し分ありません。

正直、そこらへんの外資系コンサル会社の新卒より、本物と思います(おっと。。)。
ソーシャルベンチャーを早速始めてみても、良いのではないかと思いました。

ところが。

ご本人は「確かに、民間企業に進んで、思いに反した人事に遭うよりは、
NPOなどソーシャルな業界に進んで、そのキャリアを創りたいです。
ですが、いきなり前線でやる、というより、数年OJTなのでしょうか、学ぶ時間が欲しいのです。」

ごもっとも、と筆者は思いました。いわば、じっくり力を貯め、時機を見る徳川家康タイプです。

ですが「ソーシャルの業界に進む」と「お勉強をしたい・時機を待ちたい」は、
不思議なことに、両立する関係でないことに気づきました。

というのは、ソーシャルの業界に入ると、その当日から、早速プロジェクトを任されます。
または、何もないところから「何か考えてください」は当たり前です。
ソーシャルの仕事をするには、無い無い尽くしを跳ね返す、ベンチャー魂が求められるのです。

つまり、上記の方は、いわばベンチャー企業が密集している
シリコンバレーで就職活動をしているのと同じなのです。

ソーシャルは、ベンチャーです。

|

« アメリカ人盲ろう者を招いた講演会 | トップページ | 就職活動に向かう学生の皆さんに »

社会起業家」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31850/12193607

この記事へのトラックバック一覧です: ソーシャルは、ベンチャー。:

« アメリカ人盲ろう者を招いた講演会 | トップページ | 就職活動に向かう学生の皆さんに »