« 就職のパラダイムシフト | トップページ | 働く意味を変えたい »

ソーシャル・イノベーション革命とは

産業革命の現代版である、ソーシャル・イノベーション革命とは何か、を小論に致しました。

「JANPORA_TANABE_20061017.pdf」をダウンロード(A4 1枚、PDF、29kb)

■ソーシャル・イノベーション革命 ~産業革命の現代版~


【取り上げる問題】

まず背景として、2004年から2006年の3回の年次大会にて、筆者は社会起業家(定義を「起業家の情熱と手法で、社会の課題を解決する」とする。)をテーマに、実務家として学会報告を行い、知見形成に参加してきた。

しかしこの間、世界の状況は、地球環境問題、グローバリゼーションの進行、水・エネルギー問題、宗教紛争、治安の悪化、世界を駆け巡る金融、財政危機、所得・地域格差の広がり等、混迷の度合いを深めている。

殊に、格差社会は隔離社会に進む危険性を孕んでいる。

ただ、本年度ノーベル平和賞を受賞した社会起業家のムハマド・ユヌス氏とグラミン銀行が象徴的であるが、民主主義、持続可能な社会、そして平和を、銃でなくビジネスで構築するという仮説は、グローバルやわが国において共有されつつあると考える。

一方、社会起業家・CSR(企業の社会的責任)は、経済的価値のみならず、社会的価値を重視する。従来の経済学・経営学では説明がつかない領域に入っており、新しい経営のパラダイムと考える。

社会起業家・CSRにおいて、ソーシャル・イノベーション(定義を「社会性を活かした新機軸の発想と実行」とする。)が創出される。この創出のエネルギーの元は、市民(生活者)の思いであり、市民を突き動かしているのは、単なる経済的動機でなく、社会の課題である。

1700年代の産業革命。当時の社会的背景から生まれた蒸気エネルギーは、蒸気エンジンを稼動させ、パラダイムシフト(常識の枠組みの移行)を社会にもたらした。

そして現在、社会起業の現場から、ソーシャル・イノベーション革命が始まっていると筆者は考察する。

現代の社会の諸要因から生まれる市民のエネルギーは、蒸気のように「エンジン」(事業モデル)を突き動かし、社会変革の新しいパラダイムを提示する。ソーシャル・イノベーション革命は、いわば産業革命の現代版である。

第一の道(政府・行政セクター)、第二の道(民間企業セクター)を止揚する、第三の道としての市民セクターの発展に、社会起業・CSRは貢献する。

そこで、ソーシャル・イノベーション革命について、事例を交えつつ、学会にて報告を行えれば幸いである。学会での議論、ひいては持続可能な社会創り(サステナビリティー)に向け、現場からの知見として、貢献できれば幸いである。


【用いる手法】
まず、ソーシャル・イノベーション革命を生み出す背景(社会的要因)を、産業革命と比較しつつ、抽出する。

次いで、ソーシャル・イノベーションを推進する社会起業・CSRは、社会性を重視するという経営の新しいパラダイムであることを考察する。

ここでは、市民のエネルギーが鍵であり、それを生かす「エンジン」(事業モデル)のあり方について考察する。

そして、ソーシャル・イノベーションが生む社会変革(Social Change)の方向性について、提起・共有したい。

<目次(案)>
(1) 第一の道、第二の道、第三の道
(2) 小さな政府
(3) グローバルの潮流
(4) ベンチャーフィランソロピー
(5) 産業革命の社会的背景
(6) ソーシャル・イノベーション革命の社会的背景
(7) 現状の経営のパラダイム
(8) 新しい経営のパラダイム
(9) 事例研究
(10) 市民(生活者)が主役のソーシャル・イノベーション革命が提起する、持続可能な社会


【主たる結論(新たな知見など)】

21世紀の社会的背景により、発生し、進行していくソーシャル・イノベーション革命は、産業革命の現代版である。人・モノ・お金、そして働く事の意味が変わる。

そして、ソーシャル・イノベーション革命が目指す社会は、いきもの、人間の子孫、ともに暮らしやすい社会である。そのために、市民(生活者)のエネルギーを、「エンジン」(事業モデル)にて引き出す。


【参考文献】

『社会起業家』(町田洋次)
『チェンジメーカー』(渡辺奈々)
『How to change the world』(David Bornstein)

(以上)

(上記は、2007年3月17日(土)及び18日(日)に開催される、日本NPO学会第九回年次大会にて学会発表することになりました。)

|

« 就職のパラダイムシフト | トップページ | 働く意味を変えたい »

社会起業家」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31850/12313924

この記事へのトラックバック一覧です: ソーシャル・イノベーション革命とは:

« 就職のパラダイムシフト | トップページ | 働く意味を変えたい »