« ゴミ捨て場は鉱山~財の分配から、価値の共有へ~ | トップページ | 経営の新しいパラダイム(1/2)~足し算から、掛け算へ~ »

自治体、倒産。

今朝の東京新聞(電子版)では、北海道・夕張市が
「倒産」に至ったニュースが掲載されています。

(以下引用)

http://www.tokyo-np.co.jp/flash/2006062001000111.html

危機的な財政事情を説明  夕張市長が市議会で

 財政が危機的な状況に陥ったため自主再建を断念、自治体としての「倒産」に当たる財政再建団体の指定を国に申請する意向を固めた北海道夕張市の後藤健二市長は20日午前、市議会で財政の現状などについて説明する。

 夕張市は産炭地として栄えたが、石炭産業の衰退とともに人口が減少、観光産業への転換を図ったものの財政難に陥り、表面化しにくい金融機関からの一時借り入れなどを繰り返した。

 その結果、負債はことし3月末までで約290億円、地方債や第三セクターへの債務などを加えた実質負債総額は標準財政規模の10倍以上の500億円を超える見通し。北海道から抜本的な再建を図るため財政再建団体申請を事実上促されていた。

 申請決定後に再建計画を策定、市議会の議決や国の同意を得て指定され、事実上国の厳しい管理下に置かれる。指定されれば1992年の福岡県の旧赤池町(現福智町)以来。  (共同)

(2006年6月20日 東京新聞)

(引用終わり)

今後、破綻する自治体は更に増えると思います。

人口の過疎化、成熟した顧客、地域金融機関の不活性、
農業・林業・漁業の失墜、情報の東京一極集中、
経営力を育てないお金の使い方(補助金・助成金)。
そして、希望の喪失。

需要・供給を官がいじっても、何になろう。 
従来の経済学、経営学で解けない領域に入ってきました。

新しいパラダイムに入っています。 

絶望から希望へ。

問題を説く鍵は、若い感性、情報公開、権限委譲と思います。 

ないもの探しより、あるもの探しです。

|

« ゴミ捨て場は鉱山~財の分配から、価値の共有へ~ | トップページ | 経営の新しいパラダイム(1/2)~足し算から、掛け算へ~ »

時事コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31850/10602905

この記事へのトラックバック一覧です: 自治体、倒産。:

» 北海道、夕張市に再建団体申請検討を要請 [小さなニュースブログ]
北海道、夕張市に再建団体申請検討を要請  一時借入金の増大で財政が悪化している北海道夕張市は15日、同市の財政状況や再建策について北海道と協議した。道は国の管理による財政再建団体の申請も選択肢に加えた抜本的な再建策を検討するよう要請した。夕張市は道や...... [続きを読む]

受信: 2006/06/20 13:27

« ゴミ捨て場は鉱山~財の分配から、価値の共有へ~ | トップページ | 経営の新しいパラダイム(1/2)~足し算から、掛け算へ~ »