« 12月3日:テレビ出演します。 | トップページ | 2006ハーバード社会事業大会 »

「いのちへのリスペクト」 ~マネー本位から、いのち本位へ~

昨年末以来、業務の過密が続き、更新が遅れました。

現場で次々産まれている事に、文章が追いつきません。。。
もしよろしければ、以下おつきあいください。

5月14日は母の日ということで、TBSの番組で
少子化についての世論調査を紹介していました。

子どものいない男女に「将来子どもは何人欲しいですか」という問いで、
「2人」が48.2%、次いで「欲しいと思わない」が23.3%。

「欲しいと思わない」の女性では「出産や育児がわずらわしいから」が、
46.5%で一番多い回答。

。。。あれ。。。? いのちが粗末にされている。。。

現在、マネー本位の世の中になっているのではと私は感じます。

しかし、人のつながりが弱まり、治安が悪くなり、
精神的ストレスにも敏感な子ども達が、
成人するまで生き延びられるか、受難の時代とも思います。
しかも、まさに今後、800兆円の借金返済が迫っています。
世界史上の奇跡をしないといけないのは、これからではと思います。

でも、いい大学・いい会社・出世コースの三点セットで
エリートが生まれるとするならば、土と切り離されてしまって
循環の視点が持てなくなるのもエリートではと感じます。
法律的に問題がなければ、問題はなくて、
それで、食の安全も脅かされてしまう。

農業や食にケミカルは使われ続け、消費者は
ファーストフードに通い、援助交際・婚前交渉が増え、
でも、結婚したら子どもは作らない。
それって、いのちが粗末にされている、と気づいたのです。

私事で恐縮ですが、私は、物心がついたころから、
人の心が移り行く謎を感じてきました。

そして、人を一生懸命愛しても、心は変わる、仕事は忙しいし、
恋愛も結婚もしまい、と思うところがありました。

でも、いのちへのリスペクトは? と気づいたのです。

女性も男性も晩婚化が進み、
「おひとりさま」という言葉も数年来メディアで使われますが、
いのちが粗末にされているのではと思いました。

NPOや社会起業の担い手は、いのちの尊厳を願う人が
比較的多いと思うのですが、独身が多いのは、こう考えてくると
期せずして、いのちが粗末にされていると感じるのです。

人生、面倒くさい事ばかりなのが健全で、
いわば、人生も経営も恋愛も逆風が当たり前。

いのちへのリスペクト。

そう思うと、以下は冗談ですが、街角でステキな女性を見かけると
「おっ、美人。いいね♪」から、
「おっ、いのち。いいね♪」という、晴れ晴れとした気持になりました。
(いのち本位だから、顔はどうでもいいのです:あ。女性に失礼ですか。
 でも、女性はみんなステキと思います。)

ここからは、特にNPOや社会起業の担い手の方々へ:
たとえ、現状に困難が多くても、
大恋愛をして、やりたい放題の仕事し、暴れまわって
しっかり稼いで、お互い幸せになりましょう!

|

« 12月3日:テレビ出演します。 | トップページ | 2006ハーバード社会事業大会 »

時事コラム」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
今更ながらブログを最初から順々に拝見させてもらっています。

いのちへのリスペクトについて大変共感します。
それは家族というinstitutionがいのちをリスペクトする事を教える。という基本ながらも大事なタスクを行えてないという事に起因していると思います。
唯物論主体の社会から少し唯心論主体への社会への転換が必要になってきているのでは、と強く信じます。
田辺さんが共有して下さってる財産ともいえる田辺さんの経験と知識をもれることなく吸収して僕自身もその転換の手伝いが出来ればと思います。

投稿: Yuri Sasamoto | 2010/10/20 15:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31850/7617207

この記事へのトラックバック一覧です: 「いのちへのリスペクト」 ~マネー本位から、いのち本位へ~ :

« 12月3日:テレビ出演します。 | トップページ | 2006ハーバード社会事業大会 »