« 社会起業家って? | トップページ | 成功への10ヵ条のリストとは? »

社会起業家って?(その2)

DSCN0021
(写真は茨城県・霞ヶ浦に浮かぶアサザです。6月-9月に黄色の小さな花をつけます。
写真をクリックすると拡大します。)

こんにちは。

多くのコメントやメール、直接のお声を、誠にありがとうございます!


前回では、社会起業家の定義についてご一緒に考えました。

その後「社会起業家は私企業とどう違うのですか?」「社会起業家とNPOの違いは?」というお声も多く頂きました。

そこで、今回から成功への10ヵ条に入る予定でしたが、その前に「社会起業家など、様々の事業体の位置づけ」について、ご一緒に考えてみたいと思います。

カンタンに、がモットーです。 こちらの図をつくってみました。


fw1クリックをお願いします。

横軸は事業の目的を示し、縦軸はイノベーションの軸と呼んでいます。

まず、何も入っていないこの図をご覧になりながら、しばしジーッと。。。
「自分がいる会社はどこかな」「新しく出てきた、ライブドアってどこかな」「自治体は?」「市民団体とか、NPOは?」「じゃあ、社会起業家は?」


。。。いかがでしょうか?

例えば、私が考えましたそれぞれの事業の位置づけは、次のようになります。

fw2クリックをお願いします。


私企業である、伝統的な大手企業・中小企業は、変われない会社もあれば、じわじわと変革を始める会社もあります。「公益・現状維持」では、例えば福祉ビジネスへの参入。「公益・現状突破」では、例えば企業の社会貢献活動(CSR)。

市民団体や、伝統的なNPOは、現状維持の団体と、現状突破を始めた団体があります。

社会起業家は、エッジが効いている存在です。 イノベーション(創意工夫)を発揮し、従来品に比べて2倍-3倍の価格の商品もありますが、しっかりと売り切り、対価とやりがいを得ています。
(なお、社会起業家は機能の概念です。つまり、社会起業家という法人形態はなく、NPO・個人事業・有限会社・株式会社など、いろいろの形態で存在します。)

単に良いことをしましょう、と何人か集まれば、ボランティアチームを組めます。それなら容易ですが、長続きできない。勝負どころは、おカネで買えない価値を紡ぎだして、形にし、対価をいただける仕組みを作ること。「公益・現状維持」から「公益・現状突破」へ引き上げていく。ガッツと感性と知恵とコミュニケーションが必要です。

では、具体的な事例は? 例えば、次が考えられます。


スワンベーカリー

(参考:テレビ東京「ガイアの夜明け」金儲けで福祉を変えろ!

NPO法人 アサザ基金

ナチュラル・ハーモニー

有限会社尾瀬ドーフ

有限会社スロー


これらの社会起業家には、どういう成功への要素があるのでしょうか?
次回からの「成功への10ヵ条」で、触れていきたいと思います。

次回は2月13日(日)ころの更新を予定しております。

良い一週間をお過ごしください。

|

« 社会起業家って? | トップページ | 成功への10ヵ条のリストとは? »

社会起業家」カテゴリの記事

コメント

田辺さま、みなさま、こんにちわ。

東京・渋谷 カラーセラピースペース☆amity☆
天本裕子です。

今回の図に関してお話させてください。

「公益」と聞くと、国や市町村のために、という
イメージがわきましたが、社会の人々、一人一人、
と考え、納得しました。

戦争のような大問題も、道端での小競り合いも、
みんな根っこは個人の中にありますよね。

だから、私は、今、目の前にいる一人の方の
心の中にある不安を安心に、不調和を調和に、
モヤモヤをスルスル~っと、すっきりクリアーにする
お手伝いをさせて頂いております。

そこで、質問です。
私のモヤモヤ解決にお力添えをお願いします。

例の図の「現状突破」(→対価が高い)
innovation の点についてです。

innovation (革新・刷新)

革新
これまでの仕組みを根本から改めて、
新しくする(なる)こと

刷新
これまでの悪い点を改めて、新しくすること
            (三省堂国語辞典より)

という意味は理解できるのですが、
「現状突破」(→対価が高い)のところの、
【→対価が高い】とはどのような意味でしょうか。 

【対価】とは?
受けた利益に対して払う報酬 (同じく辞書より)

私のように収入以上にスキルUPにお金を
費やしている状態のことでしょうか?(苦笑)
ちょっと違う気がします。

それとも、「リスク」のことでしょうか?

「現状突破」(→対価が高い)の意味するとこを
よろしければ、ご説明頂けないでしょうか。

次回からの「成功への10ヵ条」も
楽しみにしています!!

ご拝読、ありがとうございました。

投稿: 天本裕子 | 2005/02/07 17:58

天本さん

コメントをありがとうございます!

この数日、盲ろう者参加のカフェの物件探しが大詰めを迎えまして、お返事が遅れてしまいました。
今後、どんでん返しがない限り、東京・西荻窪北口徒歩4分のステキな物件(26坪)でできそうです!

面白いお店が出来ます。 遊び心満載です。 やったあ!!

(別途正式に募集を始めますが、カフェ店長、調理スタッフ、カフェスタッフを募集します! ご興味のある方、ぜひお知らせください!)


さて、お問い合わせ、行きましょう!

> 「現状突破」(→対価が高い)のところの、
> 【→対価が高い】とはどのような意味でしょうか。 

「対価が高い」とは、カンタンにいいますと
「ハイリスク・ハイリターン」と考えています。

ただ、従来ビジネスのハイリスクと、社会起業家のハイリスクは違うとも考えています。

つまり、従来ビジネスのハイリスクは、例えば設備投資で数億円の借金を抱えたり、一瞬の判断ミスで株で大損、、があります。

一方、社会起業家のハイリスクは、自分の愛することを仕事にして、新しい価値のつむぎ出しをすることなので、始めてから食えなくて何年も這いつくばる暮らしをすることがあります。

そのまま、世に出てくることなく消えていく人も多いとも聞きます。

ですので、「成功への10ヵ条」で、ぜひ現状突破のヒントを、ゲットしてください!

田辺


投稿: 田辺 大 | 2005/02/08 21:14

お返事頂きまして、本当にありがとうございます。

>社会起業家のハイリスクは、
>自分の愛することを仕事にして、
>新しい価値のつむぎ出しをすることなので、
>始めてから食えなくて
>何年も這いつくばる暮らしをすることがあります。

ドキッ・・・。

「成功への10ヵ条」ますます楽しみにしております。

つい先ほど、近所のカフェにお店のパンフレットを
置いて頂ける見込みを頂きました。

肝心のパンフレットは、
まだ完成していないのですが、
日本語と英語の両方を記載しようと
思っていました。

それに点字も加えたら、すごいかも!!
そんなヒラメキを今、得ました。

ありがとうございます!!

投稿: 天本裕子 | 2005/02/08 23:30

天本さん

お知らせをありがとうございます!

> つい先ほど、近所のカフェにお店のパンフレットを
> 置いて頂ける見込みを頂きました。

おめでとうございます!

> 肝心のパンフレットは、
> まだ完成していないのですが、
> 日本語と英語の両方を記載しようと
> 思っていました。

> それに点字も加えたら、すごいかも!!
> そんなヒラメキを今、得ました。

ワクワクですね!

アイデア豊富で、素晴らしい発想と思います!!
アイデアが泉のように生まれるのも、社会起業家の特徴と思います!

田辺

投稿: 田辺 大 | 2005/02/09 12:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31850/2821644

この記事へのトラックバック一覧です: 社会起業家って?(その2) :

« 社会起業家って? | トップページ | 成功への10ヵ条のリストとは? »