« テストです。 | トップページ | 社会起業家って? »

始まります。

こんにちは。

自分が愛することを仕事に出来て、食べていける。それに越した事はないと思われますが、そんな方法ってあるのでしょうか?


その方法の一つが社会起業家といわれていて、5-6年前に提唱されました。今では検索エンジンで26万件といわれています。

私は社会起業家(定義は次回で。)として食べて3年目になりますが、様々の現場に(前職を含め計5年)経営コンサルタントとして関わってきました。ビジネスパートナー(お客様)と悲しんだり、笑ったり。 ごつい経験もありました。 いわば上下の動きが激しいジェットコースターにビジネスパートナーと一緒に乗りつづける日々でした。

一方、起業してからは、前職のサラリーマン時代では、まず会えない・言葉を掛けられまい人にも、お会いする機会が増えました。

そのうちの一人に、わが国で「社会起業家」という言葉を最初に唱えた町田洋次さん(PHP新書『社会起業家』著者、ソフト化経済センター理事長)がいらっしゃいます。

この前、同センターで二人で談笑していましたら、「田辺さん、社会起業家の10ヵ条を書くべきだよ」とのおすすめをいただきました。

実は、10ヵ条とか、マニュアル本のようなものは、私はあまり好きでなくて、おすすめを伺った当初、書く気持ちになれませんでした。しかし、以前筑波大学で講演などし、20代の就職活動中の人々の悩みに接しました。また、どの世代も問わず、何かしらの閉塞感に覆われているように感じました。 

私には、現場で得られた視点があります。ビジネスパートナーの方々と成功事例も創りました。別に学歴は必要ないのです。そして、成功事例は、何よりも雄弁です。

わかりやすい、新しいライフスタイルの提案・情報提供は必要と思いました。
それが、日本、そして世界がより良くなることにつながると信じます。 

国替えを確実にする為に。

このサイトは、カンタンにできています。 どこから読んでもOKです。 

よろしければ、お楽しみください。 

もちろん、読み手の方により、いろいろのご意見・ご感想があろうかと思います。コメントなどご寄稿を歓迎します。 
対話のキャッチボールを重ねることで、情報は進化します。内容をご一緒に創って行ければと思います。双方向の参加型です。

今後とも、末永くよろしくお願い申し上げます。


|

« テストです。 | トップページ | 社会起業家って? »

社会起業家」カテゴリの記事

コメント

田辺さん
いよいよ始まりですね。
楽しみにしています。

田辺さんの理念とビジョンを持ちながら、研究と実践をバランスよく展開している姿勢に共感しています。

私も町田さんの始めた最初の研究会に出ていましたが、その後のこの分野の展開は勢いがありますね。
しかし、その一方で概念の混乱や安直なソーシャルベンチャー論が広がっているような気もしています。

さまざまな視点からのコラボレーションと田辺流の編集が、このブログで始まると思いますが、とても楽しみです。
私もまた、投稿させてもらいます。

投稿: 佐藤修 | 2005/01/29 20:07

ナマクラMLを拝見して伺いました。

「自分が愛することを仕事に出来て、食べていける。それに越した事はないと思われますが、
そんな方法ってあるのでしょうか?」

これはまさに私のテーマでした。

そして私もまずは「愛すべきこと」に出会い、
まさかと思っておりましたが、
職業にすることができました。

ちっぽけな私ですが、開業しています。

最初はどうすれば起業できるのか?
など、いろいろ疑問だらけでしたが、
税務署に行って、書類を出せば、
誰でも企業できる!!のですよねー。

一人でも多くの方が自分の「愛すべきこと」で
生活できて、幸せ人口が増えることを祈っています。

投稿: 天本裕子 | 2005/01/30 01:54

田辺さん、開設おめでとうございます。
先日田坂広志さんと藤沢久美さんのオン・デマンド・ラジオ「カフェ・ソフィア」にて「革新」というテーマを扱っていました。
田坂さんはその中で、

「革新とはそんなに大袈裟なことではない」
「21世紀は全ての人が社会起業家になる」

と話していました。
どんなに偉大な人物も、どんなにスゴイ革新も、出発点は63億分の一の、日々の営みにある小さな発言や行動から始まります。そしてその過程を経ない革新などあり得ません。
全ての人が社会起業家になる、それをもう一歩踏み込めば、やがて「社会起業家が『社会人』と呼ばれる時代」に戻るのではないか、と思います。
私は今の分類で言うとNEETに割り当てられますが、3つのNPOで積極的に社会に関わっている立派な「社会人」だと思っています。一括りにされてしまうNEETですが、こういう人種も案外多いように思います。

そして、「非社会人」の「社会人」への仲間入りを加速させるためには、「格好いい」「楽しい」「美しい」の3つの価値観を、私達がもう一度新しい形にして見せてあげることが、何より重要なことだと思います。

「いけないこと」は止められないし、「正しいこと」は真似できない。

でも、

  格好良くて、
  楽しそうで、
  できあがったモノが美しければ、

それは人々を惹き付け、必ず真似する人を増やします。

田辺さんが、端から見て格好いいと思われる仕事を、楽しく実行し、美しい社会の実現に向かって下さい。
そして、このブログが未来の『社会人』に刺激を与えることを祈っています。

大丈夫、社会はきっと変えられる。

投稿: 斉藤 哲也 | 2005/01/30 12:59

佐藤さん

コメントを誠にありがとございます。

> 概念の混乱や安直なソーシャルベンチャー論が広がっているような気もしています。

おっしゃるとおりと思います。
社会起業家(ソーシャルベンチャー)について現場で考えた定義を次回でご紹介しますが、いままで、「事業に社会性があれば、社会起業家。」といわれてきていて、概念が何かスッキリとしない状況でした。

この状況を変えたいという思いも、ブログを始めたきっかけになっています。

田辺

投稿: 田辺 大 | 2005/01/30 14:34

天本さん

コメントを誠にありがとうございます。

ナマクラ(ナマケモノ倶楽部)
http://www.sloth.gr.jp/top/top.html
のMLで、起業されたことを拝見しました。

お店は、東京・渋谷の
http://blogs.dion.ne.jp/amity405/
カラーセラピースペース☆amity☆ 。

ぜひ、機会がありましたら、みなさんもお店に遊びに行きましょう。
私も、近くに寄りましたら、ぜひ遊びに行きます。

> 一人でも多くの方が自分の「愛すべきこと」で
> 生活できて、幸せ人口が増えることを祈っています。

「幸せ人口が増える」。 無上の喜びですね。


起業そのものは、おっしゃるとおり、実際は、それほど難しくはないのです。
個人として始める(個人事業主)場合、税務署にまず行って、窓口にやり方を聞いて、書類をさくっと1枚出せばOKとのことです。

個人事業の開廃業等届出手続についてはこちら(国税庁サイトより)
http://www.nta.go.jp/category/yousiki/syotoku/annai/04.htm

他にも、有限会社・株式会社・NPOなど、いろいろの形があります。
ご興味のおありの方も多そうですし、
起業の仕方については、カンタンに紹介する号を設けたいと思います。

起業後も事業を広げて、かつ安定して続けられる方法についても、これからブログで書いていきます。


天本さん、今後とも、よろしくお願い申し上げます。

田辺

投稿: 田辺 大 | 2005/01/30 14:38

斉藤さん

コメントを誠にありがとうございます。

また、斉藤さんのブログとのトラックバックも誠にありがとうございます。

"まちづくり"便利帳
http://blog.goo.ne.jp/cheolsaito/

斉藤さんの新しい視点に基づいた、まちづくりのエッセンスが詰まっているブログと思います。


カッコよく、楽しく、美しい。

実にいいですよね!

ポイと路上にゴミを捨てるのはカッコ悪いですし、
道で困っている人にスッと手が出ているのは美しく思います。

田辺

投稿: 田辺 大 | 2005/01/30 14:43

田辺様

Blogまで紹介して頂いてありがとうございます。

私は今徐々に浸透してきているカラーセラピーを
用いたカウンセリングで起業しています。

本質・才能・テーマ・今・未来など、
ご自分の選んだ色を通して
「自分自身」に気づくことができます。

【完全予約制】ですので、ご来店まえにメールで
ご予約をお願い致します。

格好良くて、
楽しそうで、
できあがったモノが美しければ、

それは人々を惹き付け、
必ず真似する人を増やします。

という斉藤様のお言葉に感銘を受けました。

素敵な言葉がキラメクBlogですね。

「起業後も事業を広げて、
かつ安定して続けられる方法について」も
楽しみにしています!!

ありがとうございました。

投稿: 天本裕子 | 2005/01/30 18:40

田辺さん、おめでとうございます。
発信するのってすごくすごく大切ですよね。田辺さんが見られている毎日の肌の感覚、心の動き、出会う人たちなどをこの場でぜひシェアしてください!
楽しみです。
斉藤さんのコメント、しびれました。
カラーセラピー、とても関心があるので、天本さんのお店、行ってみたいとおもいます。

投稿: 井上英之 | 2005/01/31 10:13

井上さん、ありがとうございます。

井上さんは、皆様ご存知のように、社会起業家のビジネスプランコンテストを毎年プロデュースされています。

コンテストって? STYLEです!
http://www.etic.or.jp/style2004/index.html

わが国で社会起業家の考え方を提唱し始めた草分けのお一人と私は思います。

もっとも、私と同年代で、私達二人の出会いは、お互い大学時代に、北海道奥尻島での災害ボランティアの現場でした。

それ以来、お互いに響き合いながら、切磋琢磨して、やってきています。井上さんの友人であることに誇りに思っています。


私は、井上さんのコメントにもしびれました。

これからも、よろしゅうです!

田辺

投稿: 田辺 大 | 2005/02/01 00:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31850/2734123

この記事へのトラックバック一覧です: 始まります。:

» 社会変革のエンジン――『格好いい・楽しい・美しい』 [”まちづくり”便利帳]
(画像は映画「Pay it forward」の一場面。社会はきっと変えられる。) 「社会を変える」というと、何だか自分には縁遠いとんでもない大事のように聞こえ... [続きを読む]

受信: 2005/01/30 13:17

« テストです。 | トップページ | 社会起業家って? »